header
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< デザインジャーナリズムとは一体何なんだろう? | main | クリエイターズ・フリマ @btf >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
9hと朝市
 AXISギャラリーで今日まで行なわれている(もっと早く紹介しろよ!ですが)9hの展覧会を先週見てきました。
簡単にいうとデザイナーズ・カプセルホテルのプロジェクト。カプセル自体からアメニティに至るまでをデザインしていこうというものです。近々にホテルはリアルオープンする予定。
とても面白いプレゼンテーションですが、どこかしっくりこないところがあり、後々それが膨らんできました。
 
70年代、カプセルホテルは安価な宿泊施設として広がっていきました。男の子だったら、どこか未来を想像できる「基地」のようなユニットに憧れた人も多いと思います。現在も外国人ツアーでカプセルホテルの体験があったりしますが、そんな子供の頃に感じた懐かしい未来に心をくすぐられるんだと思います。
 
しかし、その後環境はさらに進化をとげ、24時間営業のファミレス、カラオケBOX、コンビニ、ファーストフードさえ24時間営業に。さらにはサウナやマンガ喫茶やネットカフェなども登場しました。
昔は安価に夜を越すにはカプセルホテルのようなものしかなかったのですが、現在はもっと安価に、もっと快適に夜を越す事ができます。その時代になぜカプセルホテルでなければならないのか?という説得力が薄かった事が僕がしっくりこない要因になっていたようです。
 
このユニットが軽いことを聞いたので、むしろ災害時などに利用できるテントのような簡易宿泊施設として発展したほうがいいのでは?と個人的には思っているのですが。。。
 
その翌日、朝市のようなマーケットを都内につくるプロジェクトのことで、ランドスケープのN原さんのところへ相談にいきました。N原さんは出身の鹿児島を中心に朝市など地方のコミュニティづくりに最近関わっているので、その辺のノウハウを聞くのが相談の主旨でした。
N原さんとはかれこれ15年以上の付き合いで、ランドスケープ・プロダクツ立ち上げから、広尾にあった最初のお店「Wrights」、「PLAYMOUNTAIN」でのイベントやらイームズ展など、ポイントポイントで一緒にやってきました。
たまたまこの日同席したN島さんがN原さんに会うのは「Wrights」以来になるらしく、帰りの途中で「N原さんまるくなりましたね」と言っていました。僕も多分まるくなったけど(体型も)、長年N原さんとつきあってきて顕著に感じます。
時代もあるけど、10年前に朝市をやろうなんてお互い考えもつかなかったと思います。
 
昔はデザインについて何か関われる事、デザインをもっと啓蒙していく意思がお互いあったと思います。それはマイノリティの叫びのようなものだったかも知れません。今はもっと広く社会に関わる事を目的にしています。
分ってもらえないデザインについて気を張って活動していた時代に比べれば格段に肩の力が抜けて、自然体に近くなった。それが「まるくみえる」理由だと思います。
 
と、カプセルホテルとどう繋がるのか?
あの展示を見てデザインが関わる事によって良くなる。という訴えかけに感じたのです。それは、僕たちが10年ほど前に感じていたところと良く似ています。
あの頃はデザインの可能性に疑う余地など無かったし、デザインが何でも出来ると思っていました。
 
最近は思うのは全く違うところです。
よく見る謝罪会見。僕はひねくれているので、こういった会見自体が誰かの手で仕組まれて、世間が納得するストーリーで構成された、いわば「デザインされた」ものに感じます。
謝罪そのものではなく、謝罪したことを理解してもらうことが目的になっています。もしかしたら、目的は達成できても心では謝罪していない可能性もあります。
もし、このような目的達成のために「デザイン」がすべて関与することになったら、建前だけのギスギスした社会になってしまうかもしれません。
 
もちろん、デザイン自体を否定するわけではないですが、デザインする側には傲慢さと過信があるように思うのです。それが社会になかなか理解されない大きな理由になっているように感じます。
 
問題解決のもっとも重要な事は、薄っぺらい言葉になってしまいますが、誠実さだったり、愛だったり、思いやりだったり、もっと人間力に近い部分なんだと思います。これを使えば大抵の問題は解決できてしまうでしょうし、ベースとして最も重要な事だと思います。
それでも問題が解決できない場合、もしかしたらその一部がデザインを使って解決できるかもしれない。そんなデザインやデザインを使って何かをしようとする人には謙虚さが必要だと思います。
 
N原さんと話していると、人間力をうまく引き出してコミュニティを生み出しているところを凄く感じました。そして、必要な部分にだけデザインを使っている。
 
今、デザイナーに求められているのはデザインの力を行使することではなく、全体の中からいかにデザインを関わらせてもらえるのかを見極めることだと感じています。
 

| Life | 12:37 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:37 | - | - |
コメント
なにかホッとする文章ですね。息がつまらないというか・・・。ちょっとこのテーマに近いことをブログに書こうと思っていたので、先を越されたとも思いましたが(笑)。このどこかの部分を引用することにします。

社会全体をデザインするのが政治家という職業になるでしょうが、じゃあ、政治家じゃないと全体のデザインができないのか?と問えば、そうはならない。そこが世の中の「よさ」だと思います。部分のデザインが全体を揺さぶることは、傲慢でも思い上がりでもなく、ある方向性があえば可能なケースがあります。おっしゃるように、デリカシーとかそういう言葉が似合うと思います。

| anzai | 2009/08/26 3:36 PM |
とても勉強になりました。
私自身も謙虚な気持ちで取り組んでいるつもりでおりますが
表現されたものからは、そのように映らないのかも知れないと。。。

それでも、少しでもよくなるようにと願って!
| 23 | 2009/08/26 10:41 PM |
柳本さん

こんにちは。
久しぶりのブログ更新ありがとうございます。

今回のエントリーで書かれていた「デザイン」。
いつも僕が言っている「デザイン」と大概の部分で繋がっています。
もしそれがいままで柳本さんに伝わっていなかったとしたら
僕の表現がうまくなかったのかな、と
今回のブログのエントリーを読んで思いました。

> 問題解決のもっとも重要な事は、薄っぺらい言葉になってしまいますが、誠実さだったり、愛だったり、思いやりだったり

基本的に僕もいつも同じことを「デザイン」に対して思っていますし、
それを念頭に「デザイン」について考え、書いています。
そんな感情とも感覚ともいえるものをカタチにしていくことが
僕のこれからの仕事だと思っています。
| FORM(加藤孝司) | 2009/08/27 11:05 AM |
anzaiさん
 
僕も政治家になるつもりはありませんが、何かしら社会に対してデザインすることを目的に仕事をおこなっているつもりです。(anzaiさんもだと思いますが)ですので、ある程度デザインという事に対し、敬意と信頼は持っていますが、それを強くしすぎると神格化することになってしまう事は危険ですよね。
デリカシー。大事ですね。主観(デザインに寄り添う)と客観(デザインから離れる)の行き来が重要だと思います。
| metabolism | 2009/08/27 11:48 AM |
23さん
 
僕はポジティブにだけ捉えている人は苦手で、自分のやっていることに自信を持ちつつも、常に自分に対し厳しく疑問を持つことは大事だと思っています。
23さんは一歩引いて自分の行いが正しいか見ていると思うので、もし今の方向が間違っていたとしても、正しい方向に軌道修正できる気持ちを持っていると思います。
| metabolism | 2009/08/27 11:54 AM |
FORMさん
 
おっしゃるように、最終的な着地点は僕も同じかと思いますが、デザインという解釈が違っているようですね。
デザインは狭義的には形を差し、広義的には計画や設計を意味すると辞書などには出ていると思います。ということはいずれにしても人間が作為的に行なう事であると僕は認識しています。そう捉えると、思いやりや愛は本来、作為的であってはならない部分だと思うのですが。
 
もちろんデザインは重要な部分を担っていると思います。しかし、デザインの外で考える事が、結果的には世の中にデザイン本来の意味の持つ役割を認識してもらえると思うのですが。
 
理解されていない段階で、デザインという言葉を利用しすぎると、デザインで食べている僕たちのような人は自分で自分の首を締てしまうような危険性に陥る可能性があります。
 
陪審員制度になって、今まで自分たちの文脈だけで、上から目線で仕事をこなしてきた法曹界の人達が、一般にわかるように必死になっているように。デザインの世界ももっと分る言葉を使っていかなくてはならないと思うんです。僕はそこがFORMさんの使命だと思っているのですが。
 
FORMさんも9hについてエントリーしていらっしゃいますが、ビジネスなど多角的に見てどう思われますか? デザインが良くなれば成功していくだろうと思われるでしょうか?
| metabolism | 2009/08/27 12:19 PM |
metabolismさん

こんばんは。コメントどうもありがとうございます。
カプセルホテルに関してはそれにどんなニーズがあるのかよりも、それが現代においてどんなニーズを引き出せるのかを考える必要があると思います。単純に格安で宿泊するための施設なら、今ではカプセルホテルに限らず駅前にはたくさんありますから。
9hのオーナーは既存のカプセルホテルの経営者であると聞きました。だからこそこれまでのカプセルホテルのかたちからの脱却や、経営上の工夫戦略としてデザインの力が求められたのだと思います。このようにデザインはある種の人々にとっては、問題解決或いは問題提議の方法として有効であると思われていることは事実でしょう。

いかにニーズを引き出すことが出来るかという点に関しては、カプセルホテルとしてというよりもホテルとしてのアメニティ=環境のあり方がどこを目指しているかが重要です。
居心地の良さを目指すのか?女性客に対しどのようにプライバシーを提供するのか?そこに行かなければ受けることのできないアメニティを創出出来ているのか?そんな多様な問題を解決していくことが重要で、単にデザインフリークを喜ばせるだけではビジネスが成り立たないことは自明なことですから。
9hはホテルの滞在時間を9時間と設定していることからもカプセル内で過ごす時間に重点がおかれ、館内着やマットレス、枕などカプセル内の個別なアメニティに特化させているようにみえます。けれども根本的に、時代がカプセルホテルを求めているかといえば、?なので、これはビジネスとしてはかなりのチャレンジになると思います。そもそも今の時代ひとつの価値観で進んでいくこと自体に無理があって、相互に結びついていくようなそんな価値観こそが大切だという気がします。

話しは変わりますが、metabolismさんもいらしていた昨夜の「金の卵展」には、例えそれが作為的ではあっても、優しさに満ちたデザインが多数あったと思いませんか?
思いやりや愛は作為的であってはならないと思いますが、デザインにおける愛や思いやりは工夫すること、知恵を絞ることから生まれると思います。
優しさは他人を思いやる気持ちであったり、単純に大切な人を守ってあげたいという思いであったりと様々ですが、少なからずそういう気持ちがあることに僕はデザインという言葉の意味を使いたいと思っています。
僕はそういったデザインの中にこそ、思いやり、愛、誠実さがあるべきだと思います。

metabolismさんが指摘されていたとおり、昨今の機能主義的謝罪会見は誰の目にもそれがうわべを取り繕うまやかしがほとんどであることは自明なことです。
でもそれを「デザイン」という言葉とその意味に結びつけるのは少し違うかなと僕は思います。
確かにデザインは問題解決のひとつの方法だけれど、それを間違った形や言葉の解釈でとらえることは(今まで度々繰り返されてきたことですが)、metabolismさんがおっしゃる権力の行使と同じで、振り下ろした刀で自らを斬りおとすことに近い諸刃の剣です。
過信や傲慢は問題ですが、信じることの中にこそ未来がある、と僕は思っています。
そういった意味で、デザイナーが如何に社会に関与していくべきなのか?僕はそれを自分の信じる「書く」こと、「伝え」ていくことに置き換えながら考えていきたいと思います。
| FORM(加藤孝司) | 2009/08/28 11:10 PM |
FORMさん
 
正直なところ、僕個人としてはFORMさんとなんら想いは変わらないし、そういうところに希望を持っている一人でもあります。
カプセルホテルにしても「面白いなあ」「アメニティ欲しいなあ」「一回くらい泊まってみるか」と思ってはいるんです。
 
でもそれは僕のデザイン的好奇心やマニア心に響いている部分で、僕が仕事にしている部分は、もっとデザインなど無関心な人だったり、より利益を上げていくことを前提にした戦略を考えていかざるを得ないことが大半です。
 
そして、僕は自己資金で出版やメーカーをし、デザイン好きを核にしながらも、いかに興味の無い人も巻き込まなければ商売にならないのか、日々実感しています。自分のお金だったらみんな失敗したい人はいないだろうし、緊張感の度合いが違います。僕はコンサルみたいなこともやっていますが、人のお金であっても、常に自腹のつもりで物事を置き換えてみて、失敗しない方法を絞り出すようにしています。それがある程度成功するからこそ、代理店などを飛び越してでも僕個人に声がかかると思っています。
 
マニア的発言だったら、視点の違いはあれど僕じゃなくても多くの人が出来るだろうし、僕に求められている部分は、デザインとマーチャンダイジングの行き来なんだと自覚しています。だからこそデザインのことを好きでありながら、「でも他人はどうなんだろう」と常に自分すらも疑う気持ちを忘れないようにしています。
 
今丁度グッドデザインエキスポをやっていますが、あそこに並べられたデザインはデザイン関係者が選んだ「良いデザイン」です。でもそれが売れるとは限りません。僕が仕事で関わっている物も実は選ばれているんですが、売れなくて問題になっているものもあります。別に売る事だけが目的じゃないじゃん。という意見もあるでしょうけど、メーカー側にとっては自腹な訳ですから深刻問題です。「デザインなんかで売ろうとするからダメなんだ」とデザイン無関心な役員達がレッテルを貼ってしまったら、デザインの本来の可能性の規模を縮小せざるを得なくなってしまいます。
 
しかも多くのデザインは誰かをおとしめようとか、悪意があって生み出しているなんてありえません。でも、結果それが「悪いもの」になってしまう可能性は大いにあります。デザインを個人的目的の達成に使うか、仲間や理解してもらえる人のために使うか、限りなく世の中すべての人に好まれるのが目的なのか?多くのデザイナーは極力大きな普及を目指していると思いますが、結果的に一部しか伝わらない事は多いです。
公共施設のサインシステムなんかによく見られますが、すっきりきれいにまとめられたサインの横に、手描きの貼紙で「トイレ→」というのがありました。こんな貼紙があるという事はきれいにまとめられたサインでは機能できなかったのでしょう。デザイナーの美意識は個人的なものなのか、公共のものなのかという問題に繋がっていきます。デザイナーが見にくいサインを作りたいなんて思っていないはずなのに、結局「悪い」というレッテルを社会が付けてしまう事もあります。デザインに無関心な人への不信感はより高まってしまうのです。
 
僕はFORMさんが「書く事はデザイン」と言うのであれば目的は違えど謝罪会見の「(台本を)書く事もデザイン」だと思うし、「しゃべることもデザイン」だと広義的には思うのです。デザインの意味にあてはめてみても、計画や設計ですし、問題を解決するための手段という部分では合致していきます。
| metabolism | 2009/08/29 12:01 PM |
すみません。長いので2つに分けました。
 
まあ、謝罪会見は極論なのでそれはどうでもいのですが、僕が言いたい本質部分は「デザインは必要」「でもデザインだったら何でも解決できるなんて思ってはいけない」「デザインが解決しなくても人間自身の力にまかせるのも重要」ということです。
 
ブラジルの人と話した時「日本は便利だけど冷たい」と言っていました。ブラジルでは道路も段差ばかりだし、バスもバリアフリーではありません。でも、車椅子の人がいたときは、バスに乗っていた皆が出て来て、車椅子を持ち上げ中にいれてくれるそうです。日本ではもちろん親切な人もいるし、性格もありますが、バリアフリーになっているし、車椅子の人にはブラジルよりはるかに過ごしやすいはずです。でも、僕たちのどこかに環境が整備されているんだから、関わらなくていい。という気持ちが含まれているような気がします。
 
金の卵を見てですが、僕はむしろ優しいとは思いませんでした。提案自体は優しさに満ちあふれていたと思いますよ。でもこういったプレゼンを仕事で何百回も見たり聞いたりしていると、強迫観念のように社会へ対する思いやりを加えなければいけない、見た目に優しさが反映されなければいけないような空気を作ってしまっているようにも思うんです。
今の若い世代が楽しいのか、悲しいのか感情表現が分りにくいところもあるとは思うんですが、話を聞いていても本心で社会への思いやりを自分自身が思っているとは感じられなかったんです。どちらかというと思いやりを表面的に感じさせる提案だったら、今コンペで注目されそう。というテクニカルなものに感じられました。
 
話を聞いていると、自信満々に学生が語りかけてきます。でも違和感を感じるのが、社会のための何が出来るかのプレゼンではなく、社会のために私はこんなに素晴らしいことを考えているんです。というプレゼンであり、自己陶酔にも似た何かを感じてしまいました。それは僕だけじゃなく一緒にいたクライアントも同様に感じていました。
 
と、こんだけネガティブなことを言うと「そんなにひねくれなくても」と思われてしまいますね。
でも、理想論ばかり唱えていてもデザインに対する理解が高まったかと言えば、状況は変わっていない。むしろ理想論ばかり無関心な人に訴えていると、宗教の狂信者のように思われてしまいがちです。
 
デザインや建築畑の人と話すと、この人達(無関心な)が低レベルだからダメなんだ。とかこの論文を読んでいない人に批評する資格は無い。とか聞くんですが、それって全部上から目線じゃないですか。公共施設が使いにくいと文句を言う市民は論文を読んでいないから市民が悪いでしょうか?市民が低レベルだからその人のデザインが売れないんでしょうか?この辺の意識を持っている人が本気で高齢者のためなんて考えるでしょうか?
 
デザインの内外を商売柄行き来していると、身にしみてうまくいっていない事を感じるのです。感じている人は多いはずなのに誰も言わない。だから僕は言っているつもりで、個人で思っている事はFORMさんのように理想に満ちあふれていることはご理解いただけると幸いです。
| metabolism | 2009/08/29 1:00 PM |
追記です。
 
先日のbtfのトークイベントで、僕は批評について、「分っていないなあ」という部分と「ごもっともです」という2つの事を同時に思います。
多分それは自分自身に向けられた批評でもそうでしょうし、僕が誰かに向けて出す批評の両方に言えます。
 
「分っていないなあ」という部分は、例えば物は技術や品質管理上の問題から始まり、流通や戦略、もしかしたら一担当の野心など複雑な状況が絡み合って生み出されています。だから出て来た物に対し、ここが悪いと言われても、それは品質管理上無理だったらしょうがないという部分は知られません。それに個人的美意識だけで批評されることもあるでしょう。
しかし同時に「ごもっとも」とも思うのです。
どんな複雑な事情があれ、世の中に出した責任はその時点であるのだから、耳を傾ける義務があるとも思います。

僕がやっている仕事も、思ったように意思が反映できているかというと、まだまだ全く出来ていない状態です。仕事のスキルとかいい物を生み出すだけではなく、政治力や交渉力も同時に必要だと痛切に感じています。
しかし、現時点のベストを尽くしているのは皆さんも同じでしょう。
本来の物までは到達できないにしても今のベストをちゃんと世の中に出していく事も重要です。僕はたとえ考えが相容れなかったとしても、その部分は評価します。
 
9hについても僕なりのひねくれた批評はしましたが、オーナーの意図も、計画の本質も僕が理解しているわけではありませんので、その時点で「分ってないなあ」と言われてしまうかもしれません。
 
でもオーナーのチャレンジには感服するし、実際寝てみたら意外に気持ちよかったし、先ほどコメントしたようにアメニティ欲しいとかカプセルの丸みがかわいいなあとは思ってはいるんです。
このポジティブな部分が逆に、一晩寝てみたら腰が痛くなった。こともあるでしょうし、リアルな状況で、雑音が多くて眠れなかった。というところになるかもしれません。それはそれで体験ぜずに語るのはどうかという問題にも繋がっていきますし、個人的体験はバラバラかもしれません。
 
そうなると批評そのものに意味があるのか?という問題が浮上してきます。
僕自身の批評は、できればデザインに無関心な人が関心を持つために、デザイン業界やそれに繋がる政治や産業、社会の構造に問題があればそこに批評するべきだし、逆にあまり細かなフォルムなどのディテールは好き嫌いになる事が多いので、区別して考えようと思っています。
 
現に9hについても個人的には好きだけど、カプセルホテルという業態のニーズなどが本質的にあるのか?とか、デザインというものの対外的なアプローチの仕方だったりとかの疑問は素直に批評したつもりでした。
たとえ好き嫌いでないにしても、僕の考えが正しいとは限りません。
でもこういうエントリーをすることによって、違うよ!と言う人や、そういわれればそうだよな。と言う人も現れ、問題を可視化できるのではという希望は持っています。
 
分ってるけど言わない、ネガティブな要素には蓋をしておけ、無関心、がコミュニケーションを少なくし、問題が一向に解決しない状況を生み出してしまうからです。
僕の批評なんかゴミみたいなものかもしれませんが、ゴミはゴミで目障りな分、どうにかしなきゃあという問題解決の方向には動いていると思っています。
| metabolism | 2009/08/29 2:10 PM |
コメントする