header
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 特別授業 | main | 9hと朝市 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
デザインジャーナリズムとは一体何なんだろう?
 何度かエントリーした、shop btfでのトークセッションが終わりました。
 
いや〜疲れた! 一人で喋ってもこんなに疲れないのに。3時間という長丁場もあったと思いますが、言葉と一緒に出てくるエネルギーみたいなもののキャッチボールがとてもずっしりと重かったのが一番の要因の気がします。さらに進行もやっていたF崎さんはさらにお疲れだったことでしょう。
 
3時間も文句も言わずお聞きいただいたお客さんにも感謝です。
 
自分たちの言いたい事は結構言ったつもりですが、そういえば、デザインジャーナリズムとは一体何なんだろう?という根本的なテーマの総括はされていなかったかもしれません。
個々には持論のようなものは出て来ていたので、あえて総括する必要もなかったのかもしれませんし、そもそもそんなに簡単にまとめられない事かも知れません。
 
僕はトークの中で、
出来上がって市場に現れたものを批評する事の弱さ。(自分の批評がどれだけ、そのものの今後に影響し、市場に影響をもたらせるのか疑問)ということと、最近仕事で市場に現れる前のものを批評(制作に関わる)し、生み出す方が影響あるのではないかというようなことを話しました。
かといって、市場に現れたものを批評するのに意味が無いということは無いとも思います。
僕は僕なりに良いものを生み出すために制作過程で批評していますが、それが正しいとは限りません。だから、それを誰かに批評してもらう必要も感じます。またそれとは別に、モノの考え方、モノの見方を多くの人に知ってもらう必要もあります。
 
世の中を変えるために政治家になる人がいますが、政治家にならずとも方向性(マニフェスト)を理解し、自分の考えを体現してくれる人に一票入れる事も重要だからです。
でも、それには自分の考えを明確にしなければなりません。そして、分りにくいマニフェストを分りやすく説明できるジャーナリストの存在意義もあります。
 
F崎さんがブログでエントリーされた通り、僕も僕の思っている事に賛同してもらえることはそれで嬉しいのですが、以前エントリーしたこともありますが、意見は違っても根本的なところは賛同している事もありますし、もちろん全く正反対の考えだったとしても、ダメとは思わないし、むしろ僕の方が間違っている可能性もあります。
やはり「沈黙(言う事があるけど言わない)」「無関心」の方がよっぽど怖い。
 
別に前回のイベントに対し僕はアジったわけではないけど、結果的にそれが火種になり今回のトークイベントが企画されトーク→ネット→トークと有機的に繋がりました。多分前回のトークイベントよりもさらに関心は高まったと思っています。そして、さらに今回のトークに対し何か意見を言ってもらえると、その波紋はもっと大きくなり、他のところにも飛び火して、根本的に社会がその問題に対し向き合わなくてはならなくなるくらい発展するかもしれません。
 
個人的にはもう少しH塚さんの話を突っ込んで聞いてみたかった。打ち上げも対角線で一番席が離れていたので、その辺がオフレコでも聞けず残念。H塚さん。また別の機会にお聞かせください。
 
もう一つ気になったのはライブ配信でした。
これはS木さんのところでも言及されていますが、リアルに参加する意義みたいなところを少し欠いてしまったかなと思います。(それだけの理由ではないと思いますが、結果的に40人ほど予約者が来なかったようです)
配信されているからこの事についてはしゃべれない。ということは僕自身ありませんでしたが、わざわざ会場に来てくれている人に対してのサービスとしてオフレコタイムがあっても良かったかなと思いました。
あと、LIVE配信を見ていた人は言いかもしれないけど、その後3時間も無編集の映像を見るのも、自分だったら面白いかなあ?とちょっと疑問に思います。
 
 
 
前回トークに参加し、今回はお客さんとして参加していただいたO田さんから「ウェブマガジンは発展するか?」というような質問が出ました。
 
既存のメディア、テレビや雑誌にはそれぞれ特有の構成があります。現在は過渡期なのでウェブ上でも従来の紙メディアに近い構成のもとウェブマガジンは存在していますが、僕は恐らくウェブなりの表現がもっと確立すると思います。
前回の各ブログのやりとりを読者はリンクを飛びながら読んでいたはずです。それ時点で無意識のうちに読者は自分で編集した一つの対談ページを完成していたことになります。これがウェブにできる自由さの気がします。
ブラウザ(インターネットを立ち上げると最初に出てくる画面。ニュースや検索エンジン、天気予報などが一面で構成されているもの)を例えば検索エンジンはGoogle、ニュース欄は日経、お気に入りのブログなど個人個人が自由にカスタマイズするようになったら(すでにそういうソフトはありますが)、それで自分が編集長のウェブマガジンが完成するのではないかと思っています。ブログのように自由に自分で解説できるメディア世界こそウェブの媒体としてのあり方にも感じるのですが皆さんはどうでしょうか?
 
| Design | 23:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
コメント
コメントする