header
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 究極の道具 | main | 紙メディアの変化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フォークアートと色

本日から代官山collex妻のイベントが始まりました。
メキシコを中心として各地のフォークアートや民芸品を展示販売するものです。
インフルエンザで渡航制限がなされているので、行く予定だった人にも必見です。
 
先日も妻の話をしましたが、メキシコに関しては僕なんかより相当詳しくて、刺繍や織り方、焼き物なんかを見るとどこの地方で作られているのか判別したり、作家名が出てきたりします。買い付けにもなかなか行けないんですが、それでもオアハカに住んでいる人をチヤパスに派遣したり、アメリカのギャラリーのおばちゃんに、グァテマラの危険地帯に行かせたり人脈を使い普通の観光では見つからないような品々を集めていました。
 
メキシコに行っても、お土産屋や露店ではよく日本でもラテン雑貨の店でみかけるようなものしか手に入れることが出来ません。いいものを探そうとすると田舎の村に行って作っている人から直接売ってもらったり、特注で作ってもらうしかありません。そういった村の人は結構マヤ語のような言葉を日常は使っているので、ガイドをつけなければならないこともあります。特にいいものは高地の車も行けないようなところにあることが多いので、アマチュア・バイヤーには相当ハードルが高いのです。
 
メキシコのフォークアートといえば、僕たち夫婦はアレキサンダー・ジラルドの影響がとても強いのですが、彼のコレクションを見ているとそのほとんどは民芸品と言えどもお土産物では無く、作家物が多いことが分ってきました。ジラルドも収集中は現地のガイドをつけて、内地まで足を運び、作家に直接オーダーしていたようです。上の写真のTree of Life(生命の樹)もAurelio Floresというジラルドも好んで収集していた作家のもので、NYなんかのギャラリーにたまに出てくる程度で、ほとんどはミュージアムに所蔵されている人間国宝レベルの作品です。
フォークアートはそのほとんどが模様や技法を世襲制で代々受け継がれるため、現在でも子孫が作っていることが多いです。(日本の民芸品なんかも同様)
好き嫌いはそれぞれあると思いますが、僕たちは1930年代〜60年代くらいに制作された先代の作品が好きで(ジラルドの集めていたものもその時期のものが多いということは、歴史的に見て一番クォリティが高いのか?)、ギャラリーの人に「息子の作品だったらあるよ」と言われても絶対それでは買う気になりません。
配色や装飾は子孫が作っている現行のものと変わらないのですが、全然違うのです。
どこが違うのか個人的に考えてみたんですが、1つは顔料など着色に使う絵具の成分では?と思います。時間経過退色もあるんですが、そもそも当時は今使っているような蛍光っぽい色は一切使っていません。もう1つは先代のものは造形があまい感じがします。ただし、着色などは曲がっていたりするけどとても細かい。それに比べ子孫のものは造形もバランスがとれ、きれいに仕上がっています。着色も丁寧ですが先代のような細かさはありません。
多分僕たちが先代の作品に惹かれるのは、そのあまさのような気がするのです。民藝のように、作品に邪念が入っていない、今のものは売るためにきれいに仕上げている感じがするのです。日本のメキシコ民芸の研究家でもあった利根山さんもやはりこの時期の作家を集めていたようです。
  
フォークアートで面白いのが(これは妻が気づいたのですが)寒い高地で作られた織物の方がクォリティが高いということです。暖かい地域だとユルい生活になるんでしょうね。もともと織物は生活必需品ですから寒い所の人は織密度が高くないと寒くてしょうがないですよね。織物はメキシコよりグァテマラやペルーの方が断然いいものがあります。
そして最近は化繊の安価な洋服なんかが流通していることもあって、質の高い織物はあまり作られていないようです。だから先代の作った織物は家宝みたいになっていたりします。金にものを言わせるというと悪いのですが、有名なフォークアートのギャラリーはこういった家庭を一軒一軒まわって、家宝を譲ってもらうのです。
 
こうやって収集していくうちに段々理解を深めていく僕たちですが、それによって色に関してとても興味を持つようになってきました。
日本のプロダクトをみても色をほとんど見かけません。あってもカラーバリエーションのための配色で、装飾的な意味ではありません。
 
先日、アラサーのデザイナー達と会った時、僕の経験のことを話しました。
僕はご存知の通り、ブルドーザーのように物や情報を一度集めます。次にその大量に集めた素材を選別し、核となる部分が見えるまで今度は削ぎ落とします。プロダクトデザインで言うと収集がリサーチの部分、削ぎ落としていくのがフォルムの構築です。最終的に削ぎ落としたものはコンセプトが強く、形あるものであれば機能美といえるでしょう。長い間僕はその導き方こそ強く伝達出来る物事に繋がると思っていました。
でも、フォークアートを深く知るにつれて人間そのものが本来持っている姿に気づきました。その一つが色でした。僕たちはよくナチュラル志向とかいうけど、その場合生成りや白なんかしか選んでこなかったように感じます。本来ナチュラルなのは自然にある色、つまり動植物、昆虫の色だってナチュラルなはずです。植物は季節によって色が変わるし、自然が豊かな、ジャングルに行けば行くほど多彩な色に囲まれています。古代から人はそういう自然に憧れ、畏れ、生活の中に色を取り込んできました。なんかそれが人間にとって自然な姿に感じるようになってきたのです。日本だってお祭りなんか見ても分るように色に囲まれています。
そして僕はその気づきから一端究極に削ぎ落とした物事にもう一度人間的な装飾や色を加えるようになりました。装飾は単なる飾りだけでなく、臭いや音など複合的な要素も入ります。僕自身もともとモダンデザインが好きなのですが、人間的な部分を我慢していたんだということも気づきました。
実際collexのカフェでお茶をしながら来客を見ていると、色とりどりのフォークアートに食い付くお客さんの表情が違います。多分それが本当の気持ちなのかなあと思ったりしました。 
またこのタイミングでO田さんが「補色」をテーマにしたイベントをやるというのも興味深かったです。実物を見ていないので大きな事は言えませんが、webで写真を見る限りFlavio Poliや倉俣史朗を超えた驚きはありませんでした。でも、若いデザイナーが色に関心を持った事で何か発展があるかもしれないという期待はしています。
 
色や装飾は理由があるものが多いので、扱いがとても難しいです。
ファッションでいうと分りやすいんですが、モノトーンだと誰が着てもそれなりにおしゃれに見えたりします。そこに色を加えると組み合わせが難しくなってきます。だからみんな小難しいことを考えないように決まった組み合わせをします。それはインテリアコーディネートも同じ事。○○スタイルにすればそれなりに見えるからです。
僕たちはそんな日常のものにも思考をしなくなりました。僕たちがより発展してくためにはやっぱり思考しなくてはなりません。最初のイベントの話から相当脱線しましたが僕はフォークアートやプリミティブアートからいろいろ勉強させられました。ピカソやゴーギャン、マレーヴィッチ、モディリアーニからイームズやソットサスもフォークアートのそんな一面に魅了されたのかも知れません。

| Culture | 23:35 | comments(7) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |
コメント
色に関する発見、とても心ひかれるというか、気になるというか・・・う〜んと唸りました。たくさんの色に囲まれているようでいて、色とのコミュニケーションって不足していたのか・・・と反省。

それから「装飾」という言葉も。「装飾」の言葉のもつポジティブな方向をもっと考えなくちゃあいけないって思った次第です。
| anzai | 2009/05/05 7:34 PM |
anzai様
 
エコ関係のロゴ周りというと必ずと言っていいほどグリーンが使われているように、僕たちは自然から受ける色をかなり限定しているようです。
多くの人がトーフのような白い建築物をおしゃれに思うように、人工物が上位に立ちたいという強迫観念が無意識にあるように思います。どこか自然に対して恐怖を感じているのでしょうか?
 
シンプルでミニマルなものも無いという装飾なのかもしれませんが、意識、無意識に関わらず装飾には宗教が絡んでますよね?
日本人の女の子が小物をデコる行為も、八百万の神を持つ無意識の宗教性が絡んでいるように思います。
| metabolism | 2009/05/06 6:44 AM |
今回も面白い内容で勉強させていただきました。色や装飾でいうと、お花の活け方なんかにも文化や感受性の違いを感じてます。僕自身大きくて色んな種類の花々が華やかになっているのも好きですが、床の間などに一輪、季節の花があるのにほっとしたりします。ですがデザインの世界で、STUDIO JOBのプロダクトなどにある極端な色使い、皮肉なモチーフなどもすごく惹かれるものがあって、結局装飾的なものを作るって情熱もいるし、リスクのあることであまり日本人のもの作りの考え方や得意分野から遠いからこそ、作る方が少なく、そういったフォークアートに出合った時に魅力を感じるのかなぁと思っています。
本当、豆腐のような建物って多いですよね(笑)
原研哉さんのように「白」に関しての考えがあれば別ですが、実際メンテナンスなど大変そうですしね。
ながながと拙いコメントすいませんでした、、。
ジラルドの「生命の樹」いいですね。
関係ないですが、アーツ&クラフト展でバーナードリーチにも同名の作品があって凄く印象に残っています。
| mondo5374 | 2009/05/06 1:10 PM |
mondo5374様
 
ヨーロッパでは古くから自然への畏怖があって、自然をコントロールすること(装飾として人工物に引用すること)が自分たちの権威の現れでしたから、装飾に費やす労力は大きくそれゆえに表現がとても上手いです。(いい意味でも悪い意味でも)
 
ウチのマンションの内装もどちらかというと白くて余計な装飾は一切ありません。このマンションを選んだ理由は、装飾するのに都合がいいからです。だからまるっきりトウフ建築を否定出来ないんですが、トウフ建築だけで都市が出来上がった景色を想像すると恐ろしいです。なんか抑制された未来都市みたいで。
 
「生命の樹」は旧約聖書に出てくるもの(アダムとイヴ)なので、ユダヤ、キリスト、イスラム教には重要な意味を持っていますから題材的に取り扱われる機会も多いです。リーチの同名作品もやはり同じ題材です。
| metabolism | 2009/05/06 6:21 PM |
的確なコメントいただきありがとうございます!
これからも楽しく勉強させていただきます。
サローネも終わったとこですし、柳本さんから見たサローネの記事など楽しみにしてます。
| mondo5374 | 2009/05/07 9:56 AM |
今回の柳本さんの文章を読んで、「ひとという感覚」を求めるときに、手仕事のよさを求めていくのではないかと思いました。

デッサンもそうだと思うのですが、
はじめは実物のものみたいに正確できれいなものを目指すのですが、ある程度正確にものを写し取れるようになると、自分らしい線や形を求めていく感覚に似ている気がします。

どちらが優れていると一言では言えないし、対比的な両者ですが、そのバランスがその作家だったり、ものの個性となっていると思いました。

私の場合は自分の作品に色が多いことが、良くもあり、時に悪くもあるように思ったことがありましたが、今回の文章でむしろその使い方をもっと強みに見せていく方法を突き詰めていけばいいんだと感じました。
なんだか元気いただきました!
| こけ | 2009/05/07 10:04 PM |
こけさん
 
そうですね。
フォークアートに関して言えば僕は先代の作品が好きなんですが、その子孫の作品が好きだという人も多いと思います。
きれいに作るのも、今のニーズがそうなっているのだろうし。
 
イームズが好んで集めていたこけしの作家がいて、僕もイームズが好きだった作家(先代)のものが好きなんですが、友人のスタイリストは今の作家が好きだそうです。筆の先1本で笑っている、微笑んでいるが変わってきたりするので、それぞれの美的感覚による評価は千差万別です。
 
同じ物でも作る人によって表情が変わる。僕やこけさんを含め、世の中が「ひとという感覚」を求めている時代だからでしょうね。
人間は飽きやすいから、また工業化した製品に傾く時期が来るのでしょうけど。
| metabolism | 2009/05/08 2:24 PM |
コメントする