header
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 知りたい事は聞いてみる | main | Lisa Larson展オープニング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
TINY PUNK ON THE HILLS

どなたの献本か不明ですがHFさんの半世紀を綴った「丘の上のパンク」をいただきました。
思ったよりの人気で初版は全国の書店で品薄になっていたようです。
僕たち世代を語る上できってもきれない人ですし、部分的に僕も接点を持っているので、パラパラと読んでいると僕の若い頃の思い出が蘇ってくるようでした。
 
彼をはじめて見たのは、確か1986,7年くらいだったと思う。場所は新宿のツバキハウスです。毎週ロンドンナイトという伝説的なイベントがあって、憲章さんのサブとしてF原氏はDJをやっていた。そんなに有名人ではなかったと思ったけど既にPOPEYEのモノクロページで連載を持っていたので知っていました。その後すぐに明治通りのDEP'Tの近くにあったモンクベリーズでも見た事があった。モンクベリーズはOLIVEで活躍する外人モデルがいっぱい居たのを覚えてます。
 
僕が上京した頃には彼のDJを目当てに遊びに行ったりしました。彼の選曲は同時代のDJと少し違っていました。HIP HOPもファンクもアシッド・ジャズデトロイト・テクノなど幅広く、余り知らなかった世界のクラブシーンの最先端だった。生スクラッチっていうのも彼のDJで初めて知ったのです。
その頃は飯倉片町にあった「プレステージ」というクラブでDJ4人による“ジャングルジム”というのをやってました。そのあと「ピカソ」に移り、新宿の花園神社にあった「第三倉庫」と後の「ミロス」に引き継がれました。ミロスの頃にはF原氏の影武者としてNIGOがDJをやってましたね。
こういう所に行っているとファッションもそれ風になってくる。80年代末〜90年代初頭は竹下通りのムラサキスポーツに行ってはSTUSSY(当時は直営店が無く、スケボーというよりはサーフメーカー色が強かった)を入荷日を嗅ぎ分けていち早くいい物を手に入れたり(大抵そういう日はF原氏もいた)、原宿のア・ストア・ロボットでブルース・ウェバーのTシャツを買ったり、キャッツストリートのさらに路地にあったロンディスで日本未入荷だったラルフローレンのパッチワーク・ネルやブルックス・ブラザーズのカジュアルラインのカットソー、日本に上陸前のGAPやアバクロ、アランがやっていたアナーキック・アジャストメントやF原氏のGOODENOUGH、ロンドンのインセインなど良く買いました。バイヤーS寄氏(後にアクアガールのバイヤーにハンティング)のセレクトが冴え渡っていました。その後明治通り、並木橋よりのビルに移ってEMという名前に変わったけど、その頃にはあまり行かなくなった。たまに行くとムラジュンが店番をやってました。
 
90年代前半位から僕はHF氏の世界から離れていったので、渋谷クアトロの地下にあったア・ストア・ロボットJONIOアンダーカヴァーを片隅で売ってもらっていた時代や、原宿でNIGOとJONIOが開いたNOWEREまでは知っていたけれども、APENEIGHBORHOODhecticAFFAとかいわゆる裏原というものが生まれた頃には存在自体は知っていたけど、お店にいく事はありませんでした。
 
90年代の終わり頃、maxsellの仕事を僕がしていて、ちょうどWネームなんてのが流行り出していた時だったので、彼と仕事をすることにしました。MP3プレーヤーのようなポータブルプレーヤーで、GOODENOUGH別注バージョンとして本体にロゴが入り、HF氏新作楽曲の入ったスマートメディア、HEADPORTERのオリジナルストラップと、HEADPORTERストラップ型簡易ケース、ウェットスーツ素材で作ったHEADPORTERの専用ケースを作り、SOPHの上にあったスティルシークエンス他、GOODENOUGH取扱店で売られました。
 
この特殊な売り方とオリジナルアイテムはかなり評判が高く、第2弾はHF氏とT城剛氏の2人と数種類の専用バッグをHEADPORTERで作りました。
 
そんなこんなで10代の頃は音楽やファッションに憧れ、20代の頃は一緒に仕事をしたのです。僕もすっかり自分の立ち位置が出来てきて、ここ最近はご無沙汰してるんですが、K原さん絡みで何かやるそうなので、そっちも楽しみです。
 
というか僕の半世記に半分くらいリンクして結構楽しめました。
 
僕が彼に思ったのは、自分をうまくプロデュースしている点。20代くらい仕込んで、30代以降、表舞台のいいところにチョコチョコ出ながら、企業などのプロジェクトやブレーンにうまく入り込み、消費されないカリスマ性を数十年も持ち続けています。自らをキャラクター化し頻繁に登場する事でブランド価値を高めるNIGOとはまた違ったやり方で、どちらもマネージメントとしてとても参考になります。
| Culture | 23:54 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |
コメント
若かりしころ田舎から上京し、「丘の上のパンク」に描かれている時代に重なって北青山あたりでアルバイトに精を出していたことを強烈に思い出しました。私の場合は上京してから色気づき、ファッションや音楽に憧れていったものです。

現在の私の活動範囲や興味の対象はHF氏の世界とはほとんど重なりはありません。その昔、学生のころにはHF氏という名前も知らずに原宿、青山という地に憧れとコンプレックスを持ったまま、その周り時代の空気をできるだけ多く吸い込もうと喘いでいたようです。
表層的でしたがうろうろと生息していたあのあたり地域(明治神宮前〜表参道)がとても強く印象に残っています。地域から入ってもその場の背景にはHF氏をはじめとして、時代を創った人がいる訳ですね。

柳本さんと違い、リンクしているとはとても言えない私ですが、今から振り返ればHF氏の世界を遠巻きに眺めていたような気がしています。
幻想かも知れませんが、ごく僅かでも重なっている感じをとても楽しんでワクワクしながら読んでいます。
(まだ読了していません。)
| tazuke | 2009/04/17 7:40 PM |
tazukeさん
 
コメントどうもありがとうございます。
HF氏を見たのはツバキでとお話ししましたが、僕は小学生の頃、竹下通りの「赤富士」でセディショナリーズの入荷日にならんでたりしたので、もしかしたらその頃からあっていたかもしれません。
 
今振り返ってHF氏に思うのは、とても分りやすいという所。

例えば現代美術にしても、アートマニアしか分らないような人でなく、分りやすい人を選択している。ファッションもアメカジというコンサバなところをベースにしています。マニアックはマニアックでも大衆視点から認識可能な範囲のギリギリを選択していると思います。
大衆がついてこなければ、カリスマにもトレンドリーダーにもなれません。
それをセンスと言うべきかどうかは分りませんが、時代を嗅ぎ取る、そして大衆へ広げられる独特の編集感覚を持っていると思います。
 
多くのデザイナーやアーティストはこの嗅覚をなかなか備え付けていません。それゆえにマニアックが大衆によらない物になってしまいがちです。
 
彼の台頭は賛否あると思いますが、その大衆を見方につけられる強み、クリエイティブに溺れない部分などビジネス的に考えるととても参考になります。やはり僕が日頃からいうDJ的センスを持っていることがいいのでしょうかね。
| metabolism | 2009/04/22 6:42 PM |
拙いコメントに対する適切なレスポンスありがとうございます。
HF氏の真骨頂が「編集感覚、DJ的センス」というのは正にその通りだと感じます。
「編集感覚」の鋭さは、生得的な持って生まれたセンスの割合が高いのか、様々な人と交わることによって、集合知が個人にノウハウとして蓄積された割合が高いのかは、柳本さんとしてはどちらだと思われますか?

私見では「大衆視点から認識可能な範囲のギリギリを選択」のギリギリを直感的にわかるのは天性のものだと感じます。

そういえば私も初期のビームスやツバキハウスには出入りしていましたので、密かにお会いしていたのかも知れませんね(笑)
HF氏や柳本さんのようには参りませんが、そのころの体験の皮膚感覚は、私にも時空を超えた編集を経て、いまの仕事にもとても役に立っていると感じています。
| tazuke | 2009/04/22 7:48 PM |
tazukeさま
 
tazukeさんのいうセンスか人脈と集合知の蓄積かどちらかといえば、僕はどちらもあるでしょうが、比重としては後者の方だと思っています。
 
HF氏と話していると本人自身は知識を多く持っている感じはしません。
彼のブログを見ても多くの場合が“誰かから聞いた話”です。
 
例えば有能なスタイリストは人一倍洋服を持っているということではなく、どこにどの洋服があるのか情報ソースを把握している部分と、人間関係による優先力(ブランドの洋服を借りる場合、力が無いと借りれないこともありますので)だと思うのです。(もちろんスタイリングのセンスは前提として)良い編集者も同様かも知れません。
 
そういう面をふまえると、彼の編集力は情報ソース(を持つ人との人間関係)をより濃くすることによって生まれていると感じます。
大衆に分るかっこよさを理解しているという点では、常にミーハーな部分を持っていることでしょうか。この気持ちがいち田舎者に最先端の情報をひきよせるモチベーションをもたせ、雲の上の存在でもあった人達(憲章さん、Milkの大川さん、ヴィヴィアン・ウェストウッドなど)に寄っていき、大きなカルチャーの文脈の中に自分自身を組み込むことが出来たのだと思うのです。僕も情報欲のことを圧倒的な好奇心と言っていますが、別の言い方をすればミーハーであり続けるといえるでしょう。
 
彼の持つセンスとしては彼がよく発言する「あまのじゃくな性格」でしょうか。
人と違うことをする=人と違う視点で捉える=編集に結びつきます。物事を疑ってみると違った価値観が生まれます。人はいい意味の裏切られ方をされたいと潜在的に持っています。自分たちが好きな物事の違う視点を知り見事、いい意味の裏切られ方をした時、それを仕組んだ人のことに共感や賛同をします。それが彼の支持される理由に繋がっていのだと思っています。
 
僕もいつも物事を疑ってしまう性格です。自分自身の気持ちまで疑うほどのこともあります。そこが僕の編集的視点を高めていると自分で分析しています。
 
そういったセンスはなかなか人には無いかも知れません。その部分のセンスを抜きにすれば(ミーハーな部分としては)同じようなことは多くの人に出来うることだと僕は思います。しかし、出来るようで出来ない所が「自分自身の強みを持つ」事だと思います。
 
HF氏のような情報発信力を持つ人達は、つきあっていると分ってくるのですが、お互いが自己の持つ情報や強みを交換し合うことによって本来の関係性を構築します。例えば僕が彼の持っていないデザインの情報を教えることによって、彼からファッションの情報を教えてもらうというような感じです。
こういう関係性から一般的に閉鎖的と言われたり、企業や代理店など、情報を権力やお金で交換することでは動かないと言われたりするわけです。
 
だから、ミーハー心から諸先輩達にすり寄ったりしても、相手側も同等の情報を求めてきます。相手側の持っていない情報を共有することによって人間関係が構築できるのです。ただファンですとすり寄ってもかわいがられることは無いでしょう。
情報は大きなキーワードですがすべてが情報ではないので、情報という言葉はあまり適切でない言い方かも知れませんがニュアンスとしてご理解ください。
要は物々交換出来る等価の物事を持ってこそ人間関係は飛躍的に広がり、彼のような成功例が生み出せるのだと思うのです。



| metabolism | 2009/04/22 9:15 PM |
コメントする