header
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Bookmark Nagoya | main | ビックカメラの紙袋は好きですか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
作ることは、生きること

1月の中頃だったか、上の本が送られてきました。スウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソン写真集です。どこか愛嬌のあるフィギュリン(陶器製のフィギュア)が多くの人を虜にしている日本でも人気の高い作家さんです。彼女は今月発売したELLE DECO北欧特集でも紹介されています。
 
この本のいいところは、作品よりもリサ本人に寄った所。作品集というよりは写真集に近いですね。僕は数冊リサの作品集を持っていますが、そのどれもが作品をフューチャーしたもの。コレクターのように、どういう作品があるのか知るにはとてもいい資料なのですが、僕はどちらかというと作品が生まれる環境や生活などインスピレーションの源を知る方がもっと楽しいと思っています。そういう意味で今回の本はその部分を満足させてくれるかのように普段の生活やアトリエの写真などで構成されています。いちいち棚や壁に貼られているカードなんかが気になってしまいます。
 
そもそもこの本は1年ほど前に北欧ムック本のために取材に行った編集者のS田さんとカメラマンのK寺さんがリサの人柄に惚れ込んで作りたいと思ったそう。その気持ちの通り、久々にその気合いが感じる本に仕上がっていると感じました。
僕もコラムを書かせてもらいました。世界中のおばちゃんを虜にするリサの作品の魅力に触れています。その他、mina perhonenM川さんやインテリアスタイリストのS原さんdieciさんなども執筆しています。
 
で、このタイミングで告知しているのは、今月20日〜4/1に関連のイベントが行われるからなんです。
「CRAFT, LOVE, LIFE」とタイトルのついた展覧会はCRAFTとしてリサの作品や普段使っている道具など、さらに限定作品の販売などが予定され、会場はcollex LIVINGになります。
LOVEとして同じく代官山のこどもBEAMSでリサの動物がちりばめられます。
LIFEとして写真展とインスタレーションがGallery Speakforで行なわれます。開催期間はスタンプラリーも開催するようなので親子で楽しめます。
 
また、イベントとして
K寺さん、S原さん、S田さんのリサに会った3人がしゃべるオープニングトークが20日の15時から開催予定(先着40名(予約制)¥500 問tel. 03-5459-6385)
 
20日、21日16:30-18:30にはご近所のヒルサイドパントリーで親子でリサの動物パンを作ろうイベントが開催
また期間中にはパントリーが焼いたリサ・クッキーも販売されるそうです。
 
また20日〜22日の3日間だけ、ちょっとだけ離れたLimart アネックスにて関西の北欧デザイン人気ショップ「dieci」、「ViVO,VA」、「Toolo」リサのヴィンテージや限定アイテムが販売されるそうです。
 
でもって、イベントの最後として今月末の28日(土)15:00よりS原さんとリサに会いにいったインテリアスタイリストのN山さんと僕、進行をライターのA久根さんでトークセッション「北欧、民藝、クラフト」をおこないます。リサの話はオープントークでメインになるので、こちらでは北欧文化やクラフト(もの作り)、そして民藝やフォークアートなどリサの周辺に感じられるものを中心に話をしたいと思っています。こちらも先着予約制になっていますので、気になる方はお早めにお申し込みください。定員先着40名(予約制)¥500 問い合わせ先 tel. 03-5459-6385(ギャラリースピークフォー)
 

| Craft | 23:51 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |
コメント
コメントする