header
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 自分で気づく | main | 作ることは、生きること >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Bookmark Nagoya

雑誌休刊などが続くこのご時世に「本を盛り上げよう」と「名古屋を盛り上げよう」という本と街を繋げるイベント「Bookmark Nagoya」が明日から開かれます。昨年から始まったイベントで名古屋界隈のお店や友人、イベントに呼ばれた東京の友人などにいろいろ聞いて存在はある程度知っていました。
 
実は今年、「Design=Social」の販促も兼ねて名古屋で僕のトークイベントが開かれる事になりました。
 
会場は名古屋でもちょっと離れた尼ケ坂というお店になります。オーナーのI枝さんとは名古屋出身のsource S山さんの紹介で知り合い、ウチの本なども取り扱っていただいています。
 
I枝さんはアメリカに留学していたこともあり、感覚が日本人離れしてます。学生時代はNYでプッシュピンスタジオの創設者シーモワ・クワスト(横尾忠則や宇野亜喜良、湯村輝彦など60年代を経験した日本のデザイナーやイラストレーターでこの人に影響されていない人はいないではないか?)に教わったそうで、今もシーモワさんの版権を扱うなどして交流も続いているそうです。その日本人離れしている感覚はお店にも反映されていて、キッチンやリビングなど家に招かれているような構成と、文脈にとらわれない商品セレクトはなかなか日本では見られない感じです。(日本の人にその感覚が分るかどうかは別として)日本にいながら海外のお店に行っている感じが面白いです。
 
そのI枝さんのお誘いで名古屋初となるトークです。
日程は今月の21日(土)。
 
1部(15時〜17時)はトークで、名古屋初なのでコレクションなどの話や自著の話、本の事を中心に考えています。(入場料700円がかかり、事前予約制だそうです)
2部(18時〜20時半)で飲みながらのサロンパーティだそうです。(これも飲食代3500円と別途事前予約制になるようです)
予約は尼ケ坂さんへお願いします。
 
名古屋近辺の皆さん。僕の方も一方的ではなくお話ししたいので是非ご参加ください。

| Culture | 19:17 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 19:17 | - | - |
コメント
とても楽しみです!
「Departure」を出された頃、名古屋では取扱がなく、その後も東京や京都でGlyphの本を買っていました。
尼ヶ坂さんでGlyphの展示や、本が扱われるようになり、うれしかったです。

尼ヶ坂ならではのお話も聞けそうで、期待に胸躍るという言葉がぴったりの気分で21日を待っています。
| | 2009/03/09 11:43 PM |
コメントどうもありがとうございました。
ウチはあまり営業に力を入れていない(妻と2人の会社のため物理的に困難)ため、取引店が多くありません。
それでも名古屋近辺ではHulot Graphicさん(http://hulotgraph.exblog.jp/)やHAVANKさん(http://havank.vc/)で本やSJグッズ、オーレ・エクセルグッズなどもお取り扱いしてもらっています。そちらのお店もチェックしてみてください。
 
21日会場でお声をかけていただけると幸いです。実になる話が出来るように頑張ります!
| metabolism | 2009/03/10 2:39 AM |
先日コメントしたのに名前を入れ忘れていました、すみません、こけです。
1月の、「それってネガティブ?」でもコメントさせていただいた者です。

ユログラフィックさん、何度か足を運んだことがあります。
だいぶ前のことだったので、また雰囲気や品揃えが変わっているかもしれません。

21日、会場でよろしくお願いします!
| こけ | 2009/03/12 11:05 PM |
無記名はこけさんでしたか!
それはそれは。
 
尼ケ坂さんから細かい話は全然聞いてないんで、ぶっつけ本番になりそうです。(いつもだいたいそうなんですけど)
ライブ感を楽しむにはあんまり原稿とか作ってこない方が、楽しい話が出来ると思います。
 
こけさんに会える事も楽しみにしてますんで、会場で声をかけてくださいね。
| metabolism | 2009/03/14 4:14 AM |
コメントする