header
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 21世紀のはじまり | main | 古書市 本日追加分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今年もやります古書市@青山ブックセンター本店

design: Otl Aicher
明日9日から11日までの3日間、青山ブックセンターで行なわれる洋書バーゲンにあわせて、恒例の古書・稀少本フェアを行ないます。参加店はいつものユトレヒトパージナ、そして新しく写真集系に強い神保町のBondi Booksが参戦します。毎年思うのですが、当たり前のように出店しているウチは(古)本屋ではありません。
 
今回はフランスの50年代のインテリア雑誌を300~500円で放出します。無難な内容ですが、たまにジャン・ロワイエペリアンなんかも出ているので侮れません。またこの雑誌に掲載されているフランスの50年代の広告はサヴィニャックモルヴァンなんかもあっていいです。
後は30年代のチェコのグラフィックデザイン誌「Typografia」なんかも出しています。チェコ・アヴァンギャルド全盛期、世界でもチェコがデザイン最先端だった頃のものです。
今回は建築系の雑誌も多く、国際的な建築を紹介したチェコの建築雑誌や日本の建築雑誌「都市住宅」なんかも大量に出品しています。(結構安めに)
 
安価なものが比較的多いのですが、エミール・ルーダーのデザインしたル・コルビュジェのロンシャン礼拝堂の写真集やウィリアム・サンドベルフが編集・デザインした前衛芸術展の図録カール・ゲルストナーの会社が編集・デザインした本やオトル・アイヒャーの手がけた絶版本なども扱います。
 
3日間、基本的に売り子として食事・休憩以外は現地にいますので、是非遊びにきてください。
| Culture | 22:06 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | - |
コメント
コメントする