header
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Marije Vogelzang | main | ahoaho >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Girard展@efffy表参道ヒルズ

今日から表参道ヒルズB2Fのefffy gallery & sotreにてジラルドの展示が始まりました。
efffyはジラルドの版権を正式取得し、バッグを中心に展開しています。
今回の展示はその商品の世界観をより知ってもらう意味を持っています。
 


ハーマン・ミラーが1961年にNYにオープンさせたお店「Textile&Objects」。ジラルドが全面的にプロデュースしました。ハーマン・ミラーのファブリックで作ったクッションやニューハート人形、オーダーカーテンやフォークアートまでを販売していました。60年代始めは50年代の保守的な思想がアメリカでも残っていた時期。フォークロアのテイストはあまりにも早すぎた感覚(60年代後半に大流行する)で、一般的には全く認められなかった。そんなことで数年で閉店してしまったのですが、現在でも伝説に残るお店となっています。そのT&Oで売られていたものやグッズのコーナー。T&Oのロゴマークはイームズ・オフィスのデザイナー、ジョン・ニューハートが担当。
 


1960年にNYのタイムライフビル1Fにオープンしたメキシカン・レストラン「La fonda del sol」。ジラルドを中心にハーマンミラーが請け負っています。イームズのラ・フォンダチェアはこのお店のためにデザインされたもので、食器からユニフォームまで特注で作られました。
 


1965年にリニューアルした「Braniff航空」のグッズ類。機体のカラーリング、機内のシートや食器、アメニティから社員が使うマニュアル、社封筒まで14000点以上のデザインをジラルドが手がけています。
 

ハーマンミラー社の生地サンプル。もちろんジラルドのデザイン。会場にはもっと多くのテキスタイルが展示されてます。
 

額装したポスターや原画など。前回公開しなかったポスターが2枚。左上のポスターはハーマンミラーがT&Oショップのために制作したもの(1962年)。
右上はテキサス・サンアントニオで1968年に開かれたエミスフェール万博の際にジラルドのフォークアートコレクションを展示した「A Magic of a People」展のために制作されたもの。もちろんイラストもジラルド。2年ほど前にリプリントされていますが、これはオリジナルのバージョンです。
 
本当は夏にLAのオークションでイームズの短編映画「Day of the Dead」(メキシコの死者のお祭りを扱った映画で、ジラルド夫妻が監修と登場するフォークアートを協力)のポスターを落札したので、展示したかったのですが、まだ届いていません。
 


もうひとつ今回注目すべきものがこのファイル。今まで僕のコレクションファイルなどを公開した事は殆ど無いし、あってもケースに入れられていましたが、今回は閲覧できるようにジラルドのファイルを置いています。
何冊かあるうちの1冊ですが、40年代位からのホーム系雑誌、建築雑誌などを中心にスクラップしています。ジラルドの家やハーマンミラーのショールーム、ラ・フォンダの内装などほとんどの人が見た事の無い資料がまとめてあります。
 
11月25日までやっていますので、デザインウィークのついでにお越しください。

| Design | 19:42 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 19:42 | - | - |
コメント
ヤバいですね!

ぜひ行かなくては。。

楽しみにしてます。


| SLOW | 2008/10/27 3:11 PM |
SLOWさん
 
規模的には小さいんですけど、個人的なものや当時も非売品だったものは特に日本ではそんなに見られないんで(しかも無料だし)貴重な機会かと思います。僕のファイルも見てください。
| metabolism | 2008/10/28 12:10 PM |
コメントする