header
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 誰がためのデザイン? | main | ケーブル・ジュエリーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
やりたいお店

前からお店をやりたいと思っています。僕がやりたいお店は相当マニアック。だから僕が店に立って接客しないと代わりが出来ない感じです。そんな事もあり、現状方々で僕自身が仕事をやっている以上お店自体は当分夢でしかありません。
 
僕が考えている店はいろいろあります。その多くが店自体にギミックがあるもの。見た目はコンビニなんだけど、雑誌コーナーはレア本ばっかり、棚や冷蔵庫(もどきのガラスケース)にはアートものが並べられているとか、非リーズナブルなものをコンビニエンス感覚で購入できるというコンセプチャルなお店とか。
そんな中で、NYで先日まで期間限定でオープン?していたお店は僕の目指しているギミック店として共感できました。
 
お店の名前はThe Wrong Store。名前の『間違った店』の通り、開店する事の無いお店です。お店の窓には"Come in! We're CLOSED"という看板がかけられています。お客さんはお店の外から覗く事しかできないんです。これはインスタレーションとしてTobias WongとGregory Krumがキュレートしたいわば作品のようなものですが、一部はWebからコンタクトをとって購入できるものもありました。お店にはKAWSのフィギュアやマルジェラの手がけたフットボール、サッカーボール、野球のボール、Blessのサングラス、ジェニー・ホルツァーが手がけたBMWのレーシングカーの模型、写真はヘラ・ヨンゲリウスが制作したファブリックのガスマスク。ガジェットからファインアートまでが同列で売られているのです。
お店の感じはこんなところで紹介されています。
ATMOSPHERE
B3 Annex
New York Magazine
Moco Loco
New York Times
CORE77
 
Tobias Wongってマクドナルドでコーヒーなんかを注文するとついてくるmマークの付いたマドラーを18金で作ったり、アアルトサヴォイベースの型にコンクリートを流し込んだサヴォイ型のドアストッパーを作ったり、ちょっと変わったデザインモノを発表しています。デザイナーっていうよりキュレーターに近いですね。
 
こんな事を出来るのがある意味僕も理想。年中閉店の店だったら、僕でも出来るかもしれないですね。
| Life | 23:09 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - |
コメント
はじめまして、こんばんは。上記のブログの話と関係なくてすみませんが、コレックススピークフォー店の地下にあるといううブックショップは今もあるのでしょうか。ちょうどケアホルムの作品集やその他のデザイン本を探していたので気になり、書き込みしてみました。
| koma | 2007/08/03 12:16 AM |
komaさんはじめまして
collexのお店はウチの蔵書整理の為にやったイベントなので、現在はやっていません。ただ、本のイベントは評判がいいので、定期的には行う予定です。その際はここで紹介するのでたまにチェックしてみてください。
| metabolism | 2007/08/06 11:38 AM |
お返事ありがとうございます。楽しみに待っています。
| koma | 2007/08/15 4:11 PM |
コメントする