header
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 新しい観光スポット誕生 | main | 自分なくし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
左翼生活誌とあるある不祥事

とうとうCow BooksのM浦さんが編集長に就任して初の『暮らしの手帖』が発売しました。かなり前から編集長の話は聞いてましたが、その頃はかなり極秘事項。ここ数ヶ月になってからやっと会話の中にこの話題が出てくるようになりました。
 
M浦さんといえば、ケルアックバロウズギンズバーグ、写真家のロバート・フランクなどビート系を信仰者という感じが昔はしていましたが、ここ数年はライフスタイル寄りになってきているのを感じました。
 
で、今回の号ですが、M浦さんの意気込みを感じさせるのが花森時代の編集方針の復活にあります。『暮らしの手帖』はそもそも花森安治が立ち上げた雑誌で、庶民のスタンスに立った編集スタイルがとられていました。その最たる部分が「商品テスト」です。メーカーが00時間連続使用可能!とか00回使えます!とか宣伝に使っていたり、競合メーカーのどこの製品が最も優秀なのかという公平なデータが無いため、この雑誌では実際商品テストを行い(必ずどういった条件で行うのかを公表)、いいものは絶賛し、悪いものは悪いとはっきり言う。こういう体制に真っ向から反抗するためメーカーの賛同はあまり得られず、雑誌制作の重要な資金調達である広告が載らないようになっています。花森以降『暮らしの手帖』は軟化をたどり、1ライフスタイル誌になっていましたが、今回の号の表紙には堂々と「商品テスト」が入っています。
 
でも、現在この庶民のためを思ったスタイルがどれだけ確信になっているでしょうか?
花森が『暮らしの手帖』を立ち上げた当時と違い、もはや庶民のメディアは圧倒的にテレビに移行しています。また、メディアに対する絶対的な信頼も強くなっており娯楽的な指向を高めています。前にも書きましたが田原総一郎はメディアはかつて体制の行き過ぎを引き戻すための左翼的な視点であったが、もはや視聴者はエンターテイメントを求め、部数獲得・視聴率アップのためにメディアは独自のスタンスを持たなくなった。
と言っています。それは既に戦時中から始まっており、新聞で「中国00を日本軍占領」など日本が有利になる情報を捏造したのは日本が負けている情報は国民が支持せず、新聞が売れないからであり、この利益追求型のメディア指向は最近のあるある不祥事までずっと継承されています。
 
僕自身もメディアには関わっていますが、いつも心がけているのは批評の気持ちと分かりやすさです。批評だけでは今の娯楽を追求する人たちは関心を持ってもらえないかも知れません。僕自身は批評や哲学的メッセージを裏テーマにし、表面は分かりやすい表現を心がけています。それが『Departure』などであり、見た目には分かりやすい表現で裏にはGlyph.の活動テーマである“固定観念を崩す” を持たせています。ストレートに言った方が有効的かもしれませんが僕なりのやりかたです。
最近のテレビドラマで関心しているのは僕と同じ分かりやすい娯楽でありながら、裏テーマに本質が潜んでいる事です。 
『暮らしの手帖』にはとても期待していますが、受け取られ方は常に考えてほしいと思います。どんなにすばらしい事をしても、読んでもらわなければ意味はありませんし、どんなに影響力あるテレビ番組も真実でなければ意味は無いからです。
| Life | 23:35 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |
コメント
http://www.jordan11spacejams.us.com/ new jordans
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora jewelry official site
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ ultra boost mens
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air huarache
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ christian louboutin sale
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 8
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy boost
http://www.kd10-shoes.us.com/ kevin durant
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock shoes
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 2
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike flyknit
http://www.lebron15-shoes.us.com/ basketball shoes
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop sandals
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade wallet
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas yeezy
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp le pliage
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra uncaged
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora jewelry official site
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop shoes
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike flyknit
http://www.curry4-shoes.us.com/ stephen curry new shoes
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes wallets
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora jewelry
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma shoes for women
ドリフトliuyuzhen
| louboutin shoes | 2018/05/09 6:01 PM |
http://www.ecco.in.net/ ecco
http://www.stussyclothing.us.com/ stussy clothing
http://www.levis.us.com/ Levis
http://www.clarks.in.net/ clarks outlet
http://www.katespadepurses.us.org/ kate spade handbags
http://www.bose.us.org/ bose wireless speaker
http://www.boseheadphones.us/ bose soundlink mini
http://www.adidas-eqt.us.com/ adidas eqt support
http://www.katespadebags.us.org/ kate spade purses
http://www.timberlands.us.org/ timberland
http://www.stussy.com.co/ stussy hoodie
http://www.salomon-shoes.us.org/ salomon shoes
http://www.eccoshoesoutlet.us.org/ ecco shoes
http://www.katespade-handbags.us.org/ kate spade outlet
http://www.salomons.us.org/ salomon speedcross
http://www.levis.us.org/ levi's
ドリフトliuyuzhen
| salomon | 2019/01/16 9:47 PM |
コメントする