header
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 老人が未来を担う? | main | 「マドンナ」と「エヴァンゲリオン」の関係 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
STUDIO JOBの作品達

 
いつもコメントをいただくFORMさんのブログで、STUDIO JOBが紹介されています。
ちょうどFORMさんの紹介されている作品がウチにあります。ビジュアルを確認しながらフムフムと納得してみてください。
ちなみに上の写真はthe roses on the vine lampの部分。スワロフスキーがちりばめられています。FORMさんの補足をするとこのランプは昨年6月にNY公文書館でおこなわれたアメリカ・ファッション協会のイベントの会場構成をJOBが担当し、パーティに招待された招待客のテーブル50個に置かれた物だそうです。下にシリアルが入っていて、その番号でその時そのテーブルに座ったいたセレブが分かるそうです。
下は全体像。シェードにこの前JOBに来てもらった時にサインしてもらいました。
 

 
あと、下はサイン後のおどけたJOB
 

 
下はリスの貯金箱だけど、名前はPiggy Bank。左はアーティスト・プルーフのバージョンでドングリの枝の向きが違います。底にはサイン入り。右はマッカム社のプロダクトですが、これもまたサインが入ってます。リスが置かれた象嵌のサーカス箱は、以前ここのブログで紹介した物です。
 
| Design | 03:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:57 | - | - |
コメント
metabolismさん。
こんばんは。オマージュ、そして丁寧な補足どうもありがとうございます。感謝、です。
metabolismさんに補っていただいた内容は実は僕が正確に知りたかった事柄だったんです。あのmossのランプは今回調べた中でもユトレヒトでのヴァイキング展の会場構成と共に個人的に最も気になったものでした。
しかも早速お持ちとの事、またまたビックリしました。しかもお二人の署名入り!おどけたJOB氏がまたまたナイスな・・・。しかもサーカス箱のゴージャスなこと・・・。
mossのこのランプ、ジョブのお二人の生み出すプロダクトの多様性と深遠なインスピレーションの源を伺わせる象徴的なプロダクトだと思いました。

僕は昨年シボネさんでSTUDIO JOBのお二人に遭遇した時、本当にサインが欲しかったんです・・・。
| FORM | 2006/03/04 11:19 PM |
FORMさん。
良かった。ランプの説明はちょっと蛇足だったかなと思ってたんですが、役に立ててよかったです。
バイキング展はいいですよね。僕は開催中行く事が出来ませんでしたが、展覧会の前、JOBのアトリエに壁紙のサンプルやら、会場構成のミニチュアモデルやらを見せてもらいました。
スワロフスキーで彼らはシャンデリアも作ってますが、数千万円もする物で、しかもバカでかい。これのミニ版を出すそうですよ。
EUでVWのゴルフを買うともらえるノベルティで、スワロフスキー付きのスカーフもありました。
サーカス箱はみんな柄がプリントだと思ってるんですよね。これ象嵌(木片を埋め込んでいる)なんですよ。と言うと、みんな驚いてます。
 
多分、JOB達また来るので、今度は絶対、サインをゲットしてみてください。
| metabolism | 2006/03/05 4:42 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://metabolism.jugem.jp/trackback/25
トラックバック