header
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 本日の収穫(オーストリア編) | main | 延長 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
世界の車窓から

 
今日はウィーン・ウェストバーンホフ(西駅)7:00発ブタペスト行きでハンガリーに向かいました。昨日土曜日に行こうかどうか迷いましたが、ウィーンの蚤の市が土曜日しか行なわれず、ハンガリーの方はかろうじて日曜日もやっているということなので、今日旅立つことになりました。ウィーンからブタペストまでは電車で約3時間の道のりです。ブタペストの予定は蚤の市、スーパー、郵便局です。事前に調べたところによると、ブタペスト西駅の横に巨大なショッピングセンターがあり、スーパーもあるということ。ここは無休らしいので大丈夫。郵便局も西駅の横にあり、そこだけは日曜日も営業しているらしいので、予定は全てクリアできると思っていました。ヨーロッパを電車で旅した人はご存知だと思いますが、国によって車掌と国境警備隊がいます。ウィーン=ブタペスト間は2国なのでオーストリア側、ハンガリー側の車掌が切符をチェックし、国境警備隊がパスポートにオーストリアの出国スタンプを押すと、少ししてハンガリー側の警備隊が来てハンガリー入国のスタンプを押します。僕たちの時は警察官のような感じでしたが、知人の時は銃を持った軍人らしき人がやってきたそうです。食堂車もあるので、ちょっとお茶でもしようかと妻と向かうと、キッチンには誰もおらず、どうみても営業していなそうな感じ。諦めることにしました。
ブタペスト東駅に予定より30分くらい遅れて到着。ホームでは異様なほど人がいて、安っぽいスピーカーからは音量が大きすぎて、われた言葉でアナウンスが響いています。これが、以前TVでみた北朝鮮側から韓国に向けて発信しているプロパガンダ放送のようでした。駅には紙ものが全くなく、掲示されている時刻表を見て、帰りの電車を確認しました。
 
まずは地下鉄を乗り継ぎエチェリの蚤の市へ。と思ったら、乗り換え1つ前の駅で全員が降りる。僕らも降りたが、何故だか分からない。よくホームを確認すると次の駅の名前にXがついている。駅員の人に聞くと英語が通じない。だけど、ニュアンスで分かったようでトラムを乗り継いで次駅まで行けということでした。ハンガリーは日本のように殆ど英語が通じないそうです。1時間ほどかかってやっと郊外にあるエチェリに到着。倉庫街のような所でお店をウィークデーも出しているそうで、土日が一番賑わっていると聞いたのですが、本当に数人がいる程度、お店も1/5くらいしか空いてません。ハンガリー伝統のレースなどを売っているおばあさんが、僕たちに向かっていろいろ説明していますがハンガリー語で全く分かりません。値段も全く聞き取れない。こういうことを事前に聞いたのでメモを持参してました。お店お店で値段を書いてもらい、相手が1000と書けば僕が600と書き直すという感じで値切っていき買い物をします。2時間ほど廻りましたが、殆ど収穫無し。日本人のバイヤーも相当来ているようですね。
 
そこでもう1つブタペストの西の郊外にあるペトフィの蚤の市へ向かうことにしました。ここは入場料をとるのでクォリティが高いそうです。またまた1時間ほどかけてやっとのことでペトフィに到着。入場料を支払おうとすると、いらないといわれる。今日はフリーなのかなと入ると、まだ12時過ぎなのにみんな段ボールにしまいはじめています。結局ここでは何も見ることもできませんでした。蚤の市目当ての妻はがっかり。僕はスーパーと郵便局がいければ満足なのであまり気にはしてませんでした。
 
西駅に戻り、空いているはずの郵便局に行くと門が閉まっています。奥の方に係員のような人がいたので聞くと、ハンガリー語で受け答えされたのでニュアンスしか分かりませんが、今日は休業日だという感じ。他の所は空いていないか?と聞くと、全部閉まっているらしい。えっ、やってないじゃん!とまたまたがっかり。しょうがないのでスーパー散策でステーショナリーやら、食品パッケージやらを大量に買い込んで帰ることになってしまいました。
 
電車に飛び込み、ウィーンへ帰ることに。帰りの電車はややきれいで、念願の食堂車でお茶をしました。妻のカプチーノはインスタントの味だったそうです。こういうとこではクオリティは期待できませんね。写真はその食堂車からの車窓。テーブルフラワーもしおれてて、全くやる気が無いですね。それでも、電車の旅を堪能することはできました。
 
皆さんハンガリーへ行くんだったら日帰りではだめですよ。
| Life | 23:47 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |
コメント
こんにちは
はじめまして
わたしは10月8日から11日までブダペストに行く予定なのですが
エチェリよりペトフィの蚤の市の方が良いのでしょうか?
何かブダペスト情報をお持ちならば教えて頂けるとうれしいです。
| とんぼ | 2006/09/10 5:34 AM |
とんぼさんはじめまして。
 
海外の人はみんなユルい感じでやっているので、今日が良くても、明日がいいとは限りません。今回僕たちが行った時も猛暑の時期でしたから、暑いからお店を開けるのをやめていた所も多かったかもしれません。なので、どちらの蚤の市がいいのかは決めかねます。
ペトフィはお金を払って入るので、多少はいいかもしれませんが。
 
エチェリの蚤の市は日曜以外一応毎日やっているので、平日に見てみるというのもありかもしれません。またエチェリとペトフィは正反対の郊外にありますけど、地下鉄などを使って1時間半くらいで移動できます。がんばれば一日で移動することも出来ると思いますよ。
 
とんぼさんがどんなものを望んでいるのかによりますけど、日本で流行っているような、特にチャルカなんかが紹介しているようなものを探そうとすると大変だと思います。素人バイヤーは相当行っているでしょうし、そういったものは皆無でした。町にはバザール(古物屋さん)が点在しているので転売しないのであれば多少高くてもそっちで買った方がいいかもしれません。
 
ハンガリーは紙ものが少ないので無料の収穫が少ないです。例えば電車の時刻表や路線図など。エチェリに行く最寄りの駅に大きなスーパー(インタースパー)があり、日用品、文具、食品などはひととおり買えます。その裏にもホームセンターがありますよ。ペトフィに行く途中には遊園地付きの動物園もあります。
| metabolism | 2006/09/10 1:29 PM |
色々な情報をありがとうございました。
私は蚤の市の雰囲気が好きで、買い付けなどではないので
今回3日間、両方の市をのんびり訪れたいと思います。
かわいい文房具とボタンに出会うことを期待しつつ。
それだけで満足なのですが、難しいですね。
本当にありがとうございました。
| とんぼ | 2006/09/10 5:43 PM |
とんぼさん
 
ハンガリーは刺繍が盛んなので、ボタンなどはソーイング系は比較的見つかるかもしれません。チェコに比べると産業は進んでないので、東欧の方に行かれるのでしたら、少し足を伸ばしてチェコの方に行くと、文具もボタンも収穫があるかもしれませんよ。チェコはガラスボタンで有名ですし、パリの蚤の市でもかわいいボタンを見つけると、大抵チェコ製だったりしますし、東欧最大の文具メーカー、コヒノールもチェコですからバザールなんかでもよく出てきます。
 
でも、個人的にはハンガリーのレースや刺繍のほうが繊細で好きですね。日本でより驚くほど安く買えますよ。
| metabolism | 2006/09/11 12:18 AM |
ありがとうございます。
実は、チェコにもブタペスト到着3日前に訪れる予定にしています。
一度チェコに行ったことはあるのですが、その時はかわいいボタンや文房具に出会えませんでした。(涙)
再チャレンジしてみます。
手芸屋などをまわるとよいのでしょうか
国営のボタン工場があるとの情報を耳にしたのですが
どこにあるかが不明です。
| とんぼ | 2006/09/18 2:22 AM |
とんぼさん
お返事遅くなりました。
チェコも行かれるんですね。チェコは比較的手芸屋さんが多かったと思うんですが、百貨店やTESCO(スーパー)にもあると思います。
長く営業している店は,普通にチェコスロバキア時代のものが売られています。特にチェコはガラス製のボタンが面白いですよね。
 
ボタン工場などはなかなか素人が行くところではないので,そこで仕入れるというのは難しいでしょうね。
| metabolism | 2006/09/22 4:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://metabolism.jugem.jp/trackback/144
トラックバック
チェコ生まれのヒツジさん
LOVE・Lesni-ヒツジ-フェルトの小さな耳がちょこんとかわいいヒツジさん、暖かな雰囲気に包まれそう♪ サイズ:体長45mm(座った状態)材質:木製原産国:チェコ 対象年齢:3歳以上LOVE・Lesni-ヒツジ-は こちらから
| まなちゃんネットショピんグ | 2007/01/16 12:09 PM |