header
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
寛容

Japainのkinkinさんのコメントの中で「寛容」というキーワードがあったので、ちょっと思う事を書きます。
ラス・ビハリ・ボースという人物をご存知でしょうか?
多分ほとんどの人が知らないと思います。でも、ガンジーは知られていますよね?
2人はインド独立のために立ち上がった人ですが、ガンジーは非暴力で、ボースは爆弾テロという手段を使いました。テロを起こしたボースは日本へ亡命しました。世界中に彼は受け入れを要請しましたが拒否され、日本の支援者が受け入れてくれたのです。
その亡命に大きく関わったのが相馬愛蔵という人物です。
 
僕は15年くらい前、編集仕事でいろんな会社のロゴを調べた事があるんですが、その時この相馬愛蔵の事を知りました。彼は新宿中村屋の創業者なのです。
ロゴマークはHPの左上にあります。日本の老舗にしてはとてもヨーロッパ的。相馬の名前から2頭の向き合う馬を使い、太陽と月、つまり陰陽思想をとりいれ、平等を表す天秤があります。チェックの意味は忘れてしまいました、すみません。
 
 ちょっと脱線しましたが愛蔵はボースを受け入れ、かくまいました。ボースはその後、愛蔵の娘と結婚までします。そして、このかくまわれていた時代にインドの本格的カリー・レシピを提供し、現在の中村屋の看板でもあるカリーが生まれるのです。
それゆえに中村屋のボースは日本における「カレーの父」と呼ばれています。
 
そしてボースをかくまった人物の中にもう一人重要人物がいます。頭山満という右翼の重鎮です。現在、右翼というと日本に独立して考えられますが、戦前の国家主義者はアジア全体で物事を見ていました。ヨーロッパの植民地が多かったアジアをグローバルにとらえ、解放運動を起こしている国々には惜しみない援助をしていたのです。
本気で日本の事を考えた愛国主義者は、近隣の国々にも愛の目を向けていたのです。
 
僕自身も日本を愛するのであれば、他人に愛される日本人でなくてはならないと思います。他人を受け入れる寛容の心こそ、愛される自分たちになるのではないでしょうか?
 
写真は日本におけるボースを紹介した本「中村屋のボース」です。

| Philosophy | 21:02 | comments(0) | - |
LIPSETT

今年秋に、大手アパレルから新しいブランドが誕生します。名前は『LIPSETT』。
ターゲットは団塊世代だそうです。VANを中心としたIVYでおしゃれデビューした世代です。歳をとると洋服に執着しなくなりますが、戦後生まれのこの団塊以降の人たちは多分、一生おしゃれを楽しもうとしている人も多いと思います。そういった市場から生まれる新しいブランドです。
 
ブランドテーマは『旅』。『LIPSETT』とはカッサンドルのポスターで有名な豪華客船“ノルマンディー号”が解体される前年、解体会社が付けた名前だそうです。ノルマンディー号と団塊世代の人生をシンクロさせたネーミングなんですね。
 
秋のブランド立ち上げを前に、コンセプトブックを作るという事で僕の所にも執筆依頼が来まして、その本が完成したようで送られてきました。
旅に関わる事柄をA to Z方式で各コラムニストが執筆していて、僕はホテルのラベルの“L”を書かせていただきました。他の執筆陣も豪華。小林泰彦石川次郎瀬戸俊一松山猛と僕が幼少の頃に読んでいた本や雑誌を作っていた人たちです。こんな人たちと名前を連ねてもらえるだけで光栄です。他にも矢吹伸彦、佐伯誠、ウィリアム・クラクストン安西水丸吉田克幸徳大寺有恒鈴木慶一中川五郎など団塊執筆陣を筆頭に僕たちの世代、ソリマチアキラ、松浦弥太郎田中凛太郎などなど。こんな人たちが書いてるからコンセプトブックじゃなくても、読み物として充分面白い。書店で見かけたら是非読んでみてください。
| Philosophy | 17:32 | comments(8) | - |
共通する視点




photo:Akihiko Kanke
先日、山口のお店の設置にお手伝いにきたFREITAGのK家さんが、山口で撮った写真を送ってくれました。
K家さんは、山口に来る前には福岡へ、山口の後には岡山へ行くと言ってました。そうやって取扱のあるお店はすべて足を運ぶそうです。メールや電話だけで直接取引先を全部把握していない僕は、見習わなければいけません。
 
それにしても、写真を見ていると彼の視点がとても僕たちに似ているのに気づかされます。ただ、対象物があまりかぶらないので、送られてきた写真はどれも新鮮。一番目の写真なんかフランスやオランダのモダン建築みたい。電車も黄色がかわいいです。
彼は、スイスの製品を取り扱っているだけあってグリッド的な対象物に反応している感じが写真を見ると分かります。そしてこういった田舎にもモダンデザインは浸透している事がよくわかります。
僕も負けじと電車で撮った写真を

シルバーシートにピクトグラムがプリントされています。
 
なにも海外に行かなくても、身の回りには視点を変えるとおもしろいものは沢山あります。そういった切り口でウチは出版などを行っていますが、いずれ東京のガイドブックなんかも出したいと思っています。
 
| Philosophy | 23:16 | comments(0) | - |
次のトレンドは“哲学”
今、進めている大きなオークション・プロジェクトのミーティングがTas Yardで開かれました。この詳細についてはまたここでお知らせしますが、その後Landscape ProductsのN原さんと久しぶりに5時間に及ぶ話をしました。
N原さんとは10年以上も前、Modern Age Galleryに入社した時からの友人です。(もちろんLandscapeは影も形もありませんでした)最近はお互い忙しく、そんなに会う機会も多くなくなったので、今回のロングトークはとても有意義でした。
ここを読んでいる方はご存知ですが、最近は思想的な部分が強くなっているので、現状を話すと、やっぱりN原さんも同じ方向に向かっているという応えが返ってきました。特に彼は内装業ではカリスマ的人気。彼曰く「昔僕が内装をやり始めた頃は、みんな困ってた。どうやってお店作りをすればいいか、予算が無いのをどう埋めることが出来るかなど。でも、最近のお客さんはみんな困ってないんですよ。僕は具現化出来ないお客さんの望みを出来るだけ形にしたくてがんばってるのに、最近はLandscapeだから、N原だから頼んでくる」彼の好きな言葉にチャールズ・イームズが講演会の時にした質疑応答の「あなたにとってデザインとは何ですか?」との答えで「問題を解決するための手段」があります。だけど今「問題を解決するための手段」としてデザインをする機会が少なくなってきていることを嘆いていました。その出来事は高度成長期から現在に至る日本産業の縮図が見えます。
 
そういったこともあり、彼は最近現場に立つことが減ってきたようです。また彼が「この前ラジオを聞いてたら、高城剛が出てて“これからトレンドになるものは”という質問に“哲学”と答えてましたよ」と言いました。N原さんも、僕も最近気になりはじめているものです。確実に僕の周りでは盛り上がっているキーワードです。分かりやすく表には出ると思いますが、確実にトレンドになるものだと僕は思います。
 
僕たちも30代後半に差し掛かってきて、最近感じるのは伝えていく重要性です。このブログもその1手段だし、ウチの活動全部がそうだと思います。今やっていないことは直接人に伝えていく“教育”でしょうか。プチグラのI 藤さんが最近新しい教科書というのを出しているのも、伝えていく使命感を感じているんだと思います。N原さんとの会話の中で「じゃあここ(tas yard)で寺子屋やりましょうよ!」という話題で盛り上がりました。本当にやると思いますよ近い将来。
| Philosophy | 23:56 | comments(0) | - |
Inspired

今日は雑誌HUgEの別冊で1月末に出される本に掲載される対談がありました。海外デザイナーのオフィスなどが紹介されるそうです。で、思い出した本が1冊。オランダのBISから出版されているInspiredという本です。アーティスト、インテリアスタイリスト、グラフィックデザイナーなどの事務所やアトリエが紹介されています。ただ、そういったお部屋拝見ではなくて、タイトルの通り彼らの発想の源が紹介されています。例えば上下の写真はアンディ・アルトマンというロンドンのグラフィックデザイナーのページ。サッカーものから世界の洗剤のパッケージなどが並べられています。
これは彼のネタ帳。包装紙やらパッケージやら、切手やステッカーがノートびっしり貼付けられています。僕もこんな事を小学校の頃からやっているので、とても親近感がわきます。他にもポール・スミスやブルーナなんかも載っていますよ。僕は人の本棚とか飾られているものを見るのが好きです。そこから人となりが見えてくるからです。だから、シンプルで何でもしまってしまう家は居心地が悪くて落ち着きません。いつか、こんな人となりを垣間みれる本を僕も作りたいです。
| Philosophy | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
Don't Think ! Feel !


「考えるな!感じろ!」ブルース・リーの代表作『燃えよドラゴン』の中の台詞です。カンフー映画の俳優として有名な彼ですが、実際も武道家であります。ここまでは大分知られていますが、彼が哲学者だとはあまり知られていません。シアトルのワシントン大学で彼は哲学を専攻していました。
 
彼はこの大学で哲学論文『生ーものの調和』を書いています。この中で西洋哲学と老荘思想を比較し、全く新しい理論を展開しました。また、ここではフランスの哲学者、デカルトを批判しています。デカルトが唱えた自己の存在、つまり人と人の間、人とモノの間に生じる区別をし、これがヨーロッパの大きな思想になっていますが、悪くとらえると差別や環境破壊に繋がっていきます。ここをブルースは批判したんです。彼はモノと人、人と人の関係性を肯定し、論文の中ではこう書いています。
 
「水」は私で「月」はあなたです。水が無ければ、月は映らない、一滴の水があれば、月はその姿を映します。水は月のかが役を、月は水の透明さを明らかにします。
 
ブルースは関係性を「水」と「月」を使って表現しています。お互いが無ければお互いの存在は生まれない、と。
 
また彼の中では、渡米前に学んだ詠春拳の哲学がありました。詠春拳は柔をもって剛を制す、小さい人が小さい力だけで大きい人を倒す技です。最小限の力で、相手の力を利用し、相手を倒します。渡米後、中国人である彼のまわりは偏見や差別で満ちあふれていました。小さい人はある意味こういった差別を受けるマイノリティでした。彼は西海岸で黒人や、日系人、中国人移民など差別せずに武道を教え、彼らの心の中に自由と解放の悟りを導き出しました。そして、武道と哲学を一体化させた『截拳道(ジークンドウ)』を生み出しました。このことは『魂の武器』というブルースの著作として今でも読む事が出来るので、興味のある方はどうぞ。
 
ブルースが唱えた哲学は現代の僕たちにも訴えかけています。人と人の関係、人とモノの関係、自己の存在はその関係性が無いと生まれないのです。
「考えるな!感じろ!」と彼が言ったように、僕たちはどうしても頭で考えてから行動をしています。感じながら生まれていくモノや人との関係を大事にしなければならないと、自分自身も戒めています。
| Philosophy | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |