header
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
だれかが風邪の中で
ここ最近暖かかったので、コートを脱いで外出する事が多く、21日もそんな気分で外出。でも、雨もあって相当寒くおかげで風邪をひいてしまいました。そんな引きこもりの数日間で、先日買ってあった雑誌を何冊か読んでました。その1冊が上の写真の「映画秘宝」です。市川崑監督が亡くなった際にここで書こうと思っていたのですが、あまりにありすぎてどこから書いていいか分からず、結局時間が経ってしまい書きそびれました。そんな時「映画秘宝」で木枯らし紋次郎の表紙を発見、即買いしてしまったのです。
 
木枯らし紋次郎は僕が生まれて1番最初に市川作品に触れたTV番組であり、監督というものを知った最初の作品でした。
ウチは寿司屋をやっていて、子供の頃は日曜日となると結婚式場なんかから大量に注文が来ていたので土曜の夜からはじめないと間に合わず、僕も簡単な作業を夜中まで手伝っていました。
テレビをつけながら作業をしていて、土曜の夜、「8時だョ!全員集合」が終わって、その後「キイハンター」を見て、その後だったか「木枯らし紋次郎」をやっていました。幼稚園の頃よく風呂敷を羽織り、ざるをかぶり、長い棒をくわえては真似をよくしたんですが、そんな深夜の番組を同級生がわかるはずありませんでした。
真似するくらい好きだった紋次郎のどこが良かったかというと、まず主題歌。上條恒彦の歌う「だれかが風の中で」は、当時フォークが最先端だった時代に、しかも時代劇で、オープニングのストップモーションを使う映像とともに、凄くかっこ良かった。
その後、似たようなフォークを使う時代劇が増えましたね。
あと、リアリティがあった。よくチンピラの殺陣が出てくるんですが、そういった人は剣術なんか学んだ事が無い。だから刀を闇雲に振り回す感じ、そして次々に切り倒されていく仲間を見て恐怖を感じていく。今の時代劇を見ても、殺陣は誰一人として死ににいく事に恐怖を抱いていないのはおかしい。子供ながらにそんなことを思ったのです。そして何よりも紋次郎の人間らしさ。「あっしには関わりがねぇこって」といいながら、ほっとけないとても人間臭い人物像。「少年チャンピオン」で当時読んでいた手塚治虫の「ブラック・ジャック」にとても似ていると思いました。
 
その後、「犬神家の一族」を小学校の頃見る事になるんですが、その頃は撮影テクニックや演出、編集なんかに既に興味があったので相当な衝撃でした。興味がある人はじーっと見直してみてください。映像のところどころにピンボケやボツカットが一瞬だけ差し込まれていたりします。僕もたまに見返すとその度に新しい発見があります。何よりもいいのはライティング。光と影を巧みに使ってる。これは市川作品全般にいえることですが。口喧嘩の重なりも好きです。棒読みにこだわった小津映画と比べると面白いです。そしてルパン三世なんかの音楽をやっていた大野雄二の音楽もいい。2006年に全く同じカット割でセルフカバーした「犬神家〜」は試みとしては面白かったけど、オリジナルの比ではないと思います。
 
この「犬神家〜」以降、市川作品を意識して見たのですが、好き嫌いはある中やっぱり「悪魔の手毬唄 」「股旅」「東京オリンピック」は最高でした。特に「東京オリンピック」は凄かったです。どうして競技中にあんな映像が撮れるのか不思議でした。市川映画にはズームアップの場面が多くありますが、そのほとんどが望遠で遠くから撮っている。普通は遠くから撮るときは引きの映像が当たり前なんですが、だけど、それをするおかげで背景がボケて主体がものすごく引立つんです。これを撮影場所など制約の多かった東京オリンピックで編み出したそうです。
そして、90年代に入って渋谷系の人の中で再評価が高まり、見る事が出来た「黒い十人の女」や1966年のライオンの歯磨き粉のCM。
 
市川監督というと、いつも新しいものを取り入れ、実験を取り入れている印象がとても強い。80年代以降の作品はあんまり好きじゃないけど、たまにTVで放送しているのを見ると「じいさん、あいかわらずやってるなあ」と感心させられます。
90歳まで前へ行こうとしていた気持ちはいつも見習わなくては、といつも思っています。風邪で寝込んでる場合じゃないね。
| Movie | 23:52 | comments(1) | - |
SiCKO

トロントに行った時に町に貼ってあったマイケル・ムーアの新作『SiCKO』(シッコ)のポスター。Sickのスラングで“病気”を表す言葉らしい。日本では8/25から公開されるようです。
『ボウリング・フォー・コロンバイン』では銃社会アメリカの闇、『華氏911』ではアルカイダとブッシュの関係をテーマにしていましたが、今回は医療問題。日本でも年金問題とかが話題ですがアメリカの医療制度もまた、かなり闇の部分があるようです。
 
アメリカには国民健康保険みたいな国が保証する医療制度がありません。みんな民間の保険会社と契約しています。より医療保障が欲しい人は何社も契約したりしています。そんななので、もちろん低所得者は保険に入っていません。アメリカの1/6(1/4ともいわれてますが)の人がそういった保険に加盟していないそうです。これにも相当問題がありますが、今回の映画は日本の年金のように保険料を払っている人たち(年間平均35万円も払っている)の問題が取り上げられているんです。
 
アメリカは高い医療制度で有名です。日本でも医療の問題は尽きませんが、医療費は国がある程度負担してくれていて、医療費が低い国の中では比較的良い治療を受けられているみたいです。アメリカはもっと医療は進んでいます。医師のモチベーションが違うからです。日本の医師はお金持ちと言われますが、それでも“使命感”の方にプライオリティが置かれています。アメリカは日本の医師の10倍くらい収入があります。かなりの高収入職業なので、エリートと呼ばれる人たちがみんな目指す職業です。この医師たちの給料を払ってるのは、実は保険会社なんです。医師や病院は保険会社の下請けのようなものです。だから被保険者の治療や処方の決定権は保険会社にあるのです。なので、保険料の支払い状況や支払い金額に応じて保険会社が治療のランクを上下したり、場合によっては拒否する事もできます。これはとても怖いです。
 
まあ、マイケル・ムーアの映画はかなりやりすぎ演出もあるのでそこまでじゃないでしょうという事もあるのだろうけど、これはここ日本でも他人事としてみる事は出来ないかもしれません。
日本の社会保険制度は崩壊しています。僕たちが老人になる頃はかなりの改革をされているのでしょう。最近の政府のやり方を見ていると、公益法人は解体して民間に委託する方法が多くとられています。年金に関しても最低保証だけを国が行い、それ以上のところは民間の年金積み立てを利用するというイギリス的な方式が案の1つとしてあがっています。まあ、社保庁もムダな施設を作って博打を行い、国民の貯金をどんどん減らしたり、天下りによって余計なお金を使ったり、国が関わるとろくでもない事が起ると国民は誰しも思っているので、民間の方がいいやと思う人がほとんどかもしれません。ただ、民間が年金や保険に参入した時に、もしかするとアメリカのようになるかもしれない怖さもあるんです。みんながみんないい人ではないですから。
 
そういう意味で『SiCKO』は他人事でない話かもしれない部分を含んでいます。僕たちが出来る事はまず、物事のいいとこだけでなく(だいたいいいとこしか言いませんからね)、悪い部分も理解しておくことかもしれません。
| Movie | 23:43 | comments(0) | - |
The Texas Chainsaw Massacre

待ちに待った『悪魔のいけにえ』のスペシャルDVD BOXが発売しました。このDVD、6月8日に発売予定でしたが、パッケージなど版権元ともめて延長になり、今日やっと販売になったのです。
BOXにはオリジナル版、テレ東で放映された日本語吹き替え版、没テイク、メイキングなどの3枚セットとブックレットが入っています。
僕が初めてこの映画を見たのは小学生方角年の頃で確かテレ東で放映されたものです。それまで『オーメン』やら『エクソシスト』やら俗にいう“ホラー映画”は見ていましたが、この映画は何か違いました。何が違うのかその頃は分からなかったんですが、今ははっきり分かりました。その恐怖に近い事をブックレットで柳下毅一郎氏が書いていました。
 
ヒルビリーという言葉を聞いた事があるでしょうか?音楽の世界では有名です。R&Bが黒人の低所得労働者が作った音楽であれば、その白人版がヒルビリーと言われます。アメリカ南部アパラチア山脈地帯で生まれたのがカントリー&ウェスタン。1920年代頃までヒルビリーと呼ばれていました。こういった音楽のジャンルでしかほとんど知られていませんが、ヒルビリーとは貧農の『田舎者』や『山猿』を意味する差別用語です。ヒルビリーがいつ頃生まれた言葉か定かではありませんが、『NYジャーナル』1900年4月23日号の記事がヒルビリーという存在を知らしめたと言われています。
 
そもそも今のアメリカは、アングロサクソンが新境地を求め、300年近く前にアメリカ大陸に移民してきたイングランド、アイルランド、スコットランドの人たちが作ったのですが、みんなに意欲があった訳でなく、新しい地に移民しても結局何も変わらずに極貧の生活で自給自足で生活をしていた人も多かったのです。そういった人たちは近親婚、幼児婚を繰り返しながら教養もモラルも無く、100年以上も山奥でひっそりと他の文化と隔絶されて生活を営んでいました。柳下氏のコラムの中で、映画などによるこのヒルビリーの発見が文明に住むアメリカ人にとって恐怖だったと書いています。
 
1940年代以降、ヒルビリーは野蛮な地域ではなくなってしまったけど、今アメリカで増えているホワイト・トラッシュ(白人の貧民層)は収入源としてイラクへ兵士として志願し派遣されている。そしてある一部の人間はイラク人捕虜を拷問したり、無差別な殺戮を繰り返しているのだからヒルビリー時代と変わらないのかもしれません。
 
前置きが長くなってしまいましたが、『悪魔のいけにえ』に登場する一家はまさにヒルビリー的な生き方をしていて、僕が幼少の頃持っていた恐怖は、非科学的なオカルト映画ではなく、モラルの無さから人殺しも楽しんでやってしまうような現実的に存在しうる世界に対しての恐怖だったのだろうと思う。ヒルビリー的ではないけれど同じような恐怖は同じ頃に見たスピルバーグの映画『激突』にも感じた。
 
『悪魔のいけにえ』はホラー映画の巨匠トビー・フーパー監督によるもの。初見からファンになってしまい、『いけにえ』のキャストのサインを集めてしまったものです。
 
有名な話ですが『悪魔のいけにえ』はエド・ゲインという実在の犯罪者をモデルにしているといわれています。エドは極度のマザコンで、死体を掘り起こしては皮をはいでミシンで丁寧に縫ってはマスクや着ぐるみを作っていたそうです。それは母と同化する行為で、この異常な犯罪は『悪魔のいけにえ』だけでなく、ヒッチコックの『サイコ』に登場するマザコンの殺人鬼ノーマン・ベイツや皮で着ぐるみを作る『羊たちの沈黙』のバッファロー・ビルなどで引用され、エド自体を扱った74年の映画『ディレンジド』、2000年の映画『エド・ゲイン』と何度も取り上げられています。
 
そして監督のトビー・フーパーはテキサスで起った乱射事件でも現場にいたらしく、それがこの映画作りのきっかけとなったそうです。
 
僕自身相当な影響をこの映画で受けました。もしかしたら自分も遭遇するかもしれない身近にある恐怖。ニュースで今も放送されるとある町の殺人事件も、もしかしたら自分に降り掛かってくるかもくるかもしれない。僕の中でこの映画はジャンルを超えて上位にあります。
 
そういえば、MOMAが20世紀の保存すべき名作映画としてこの映像を永久コレクションしているそうです。
| Movie | 23:17 | comments(5) | - |
Inland Empire


デイビッド・リンチの新作が来春公開されるそうです。以前ここでも紹介した『マルホランド・ドライブ』が2001年だったので、5年ぶりという事になります。
先だって9月にヴェネチア国際映画祭で公開され、栄誉金獅子賞を受賞。リンチは今年還暦だそうですが、この賞の受賞者としては史上最年少だそうです。過去にも『ワイルド・アット・ハート』がカンヌ最高賞のパルムドールを穫っていますが、芸術映画業界はリンチ好きなんでしょうか?
上映時間も3時間と長丁場、いつものごとく難解なストーリーで、ハリウッドを舞台にしたドロドロの世界で、現実と幻想を行き来するところなんかは『マルホランド・ドライブ』みたいな感じ。主人公はローラ・ダーン。『ブルー・ベルベット』『ワイルド・アット・ハート』にも出ているリンチ組の女優。彼女もインタビューで「私自身何を演じていたのか分からない」という始末。3匹のウサギ頭(着ぐるみ)が出てくるらしく、理解不能。ただ、2002年に製作されたショートムービー『Rabbits』がどうやら鍵を握っているらしいです。本編の中のウサギの1人はこのショートムービーと同じナオミ・ワッツだそうです。
そしてなぜかあの裕木奈江も出演しているそうです。(ますます訳が分からなくなってきた)
そしてタイトルの“Inland Empire”は、カリフォルニアのコルトン市の新興住宅地らしいです。ただもう一つ隠語があって、最近実家の納屋で見つかったリンチが5歳のときのスクラップブックに書いてあった言葉から引用したそう。前も話しましたが、彼の描く絵画はどれも内向的な幼少の記憶の断片がタイトルに付けられていますが、今回のタイトルもやっぱりそういった感じですね。これも以前に話しましたが、ナイーブな感じは選曲にも表れ、特に往年のロカビリー歌手、ロイ・オービンソンを使っている『ブルー・ベルベット』の中の“In Dreams”や『マルホランド・ドライブ』の中のレベッカ・デル・リオ(秋吉久美子似)によるスペイン語カバー“llorando(原題:Crying)”などにみられます。今度機会があれば、リンチ映画におけるアメリカ美術の引用と、ケース・スタディ・ハウスのコンセプトを構図に引用している事、1930年代のラッセル・ライト、ノーマン・ベル・ゲディスの論文の引用なんかを話そうと思います。
とりあえず、楽しみな映画です。アメリカでは来月公開されるそうです。
| Movie | 23:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
SILENCIO


深夜番組でデビッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』をやっていました。僕が好きな映画の一つです。しかし、とても難解な映画でもあります。現実と非現実が入り交じり、時間の設定がバラバラなのがその理由です。北野武の『TAKESHI'S』もこの手法を取り入れていますね。そもそもはテレビ番組『ツイン・ピークス』で大ヒットをおさめ、次回作として提案されましたが、あまりに難解、あまりに過激な内容からお蔵入りしてしまった物を、フランスの資本で映画として作り直された作品です。
 
デビッド・リンチは光と影を表現します。『ブルー・ベルベット』のオープニングシーン。アメリカの幸福な暮しのシーンが60年代黄金期のポップスにのって、スローモーションで広がっていきます。消防車が郊外の住宅街を通り、そこには庭の水まきをする人、消防士に向かって手を振る人が映し出されます。すると、水まきをしていた男性が脳卒中で倒れ、勢いよく飛び出す水圧でホースがクネクネと庭を這い回るシーン。『マルホランド・ドライブ』でも田舎のダンスコンテストで優勝した少女がハリウッド女優にあこがれロスにやってきます。そこには夢のような世界と結局破滅の道に入り込んでしまう影の部分が共存しています。この2作品にはブルーがキーカラーになっています。ブルーは死のメタファーとして使われています。この2作品には共通する部分が多く見られます。『ブルー・ベルベット』では幸せの青い鳥を信じている少女。『マルホランド・ドライブ』ではマッチ売りの少女やフランダースの犬のように、妄想の中で幸せを膨らませる不幸な少女(年)というような童話の物語性。ミスター・アメリカといってもいいポップ・シンガー、ロイ・オービンソンの曲の引用などです。
 
たまたまですがBSで今日、映画『真珠の耳飾りの少女』をやっていました。オランダの天才画家、フェルメールの話です。彼もまた光と影を巧みに使い、メタファーではありませんがブルーを多用している事で知られています。
 
僕もリンチ同様、ロイ・オービンソンが好きです。彼の歌で一般的に知られているのは「プリティ・ウーマン」でしょうか、僕はリンチのように切ない曲が好きです。彼の曲はin DreamsとかLonelyとかを多用します。もの凄く内向的な詩が多いです。リンチは画家としても知られていますが、彼の作品もまたin my roomとかonlyとか内向的なタイトル、色使いです。以前紹介したビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンもまた内向的な詩を多く書きます。3人に共通して好きな部分の1つがこの内向性にあります。
 
このリンチの映画にも、人間が誰もが持ちうる内向性、現実と非現実の葛藤が悲しいラブストーリーとして描かれています。でも、本当に不幸せだったでしょうか?途中で導入するクラブ・シレンシオのシーンは恐らく最後のブルーの髪(写真の人)の「お静かに」にかかってきます。主人公のダイアンの気持ちを代弁するように歌われる泣き女の歌はカミーラの心に届き、二人は泣き崩れる。しかし、このシレンシオは死の世界。ここに来てやっとお互いが心を共有できたと推測します。最後の「お静かに」は、2人をこのままそおっとしておいてやって、という意味に感じられるんです。
| Movie | 23:58 | comments(2) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |